bizSPA!フレッシュ

ニトリ、業績好調で「無印」を圧倒。若手社員からは意外な声も…

ビジネス

ニトリHDと良品計画ってどんな会社?

 競合している2社だが、それぞれどんな会社なのか。歴史から振り返ってみよう。

 ニトリは、現代表取締役会長の似鳥昭雄が1967年に似鳥家具店として創業。創業から約15年間は札幌を中心に事業を展開し、1986年に海外商品の直輸入を開始し、社名を株式会社ニトリに変更。

 2003年に全国100店舗を達成すると、2010年には持株会社体制へ移行。販売部門を株式会社ニトリ、物流部門を株式会社ホームロジスティクスとし、社名を株式会社ニトリホールディングス(以下、ニトリHD)に変更した。

 一方で、良品計画は、1980年に西友のPB(プライベートブランド)としてスタート。当初は40品目のみの販売だったが、現在では7000品目を展開するに至る。

 企画開発、製造、流通、販売まで一手に担う現在の形になったのは1989年からで、西友から独立する形で良品計画が設立された。

 現在、国内に無印良品の店舗が419店舗、その他店舗(「Café&Meal MUJI」やデザイン家具を販売する「IDÉE」)が35店舗あり、計454店舗を展開(執筆時点)。また海外への出店にも力を入れており、中国、香港、台湾、韓国などの東アジアのほかイギリス、フランス、アメリカ、サウジアラビアなど、ヨーロッパや中東にも進出している。

 Yahoo!ファイナンスによると、ニトリHDは、従業員数(単独)は292人。平均年齢は42.4歳。平均年収は860万円となっている。良品計画の現在の従業員数(単独)は2184人。平均年齢は36.4歳。平均年収は574万円である。なお株式会社ニトリはニトリHDの完全子会社のため、平均年収などは非公開。

業績好調のニトリ、現場で働いている人の声は?

ビジネス

※画像はイメージです

 続いて、ニトリHDで実際に働いている社員の声を、年間2000万人が訪れる企業の口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」ユーザーの情報から紹介したい。

「残業は時期にもよるが基本的に少ない。少ない時は月10時間以内、多くても30時間に収められるように上から厳しく言われる。ただ、20代のうちは正直もっと残業したいと感じる。休日出勤は一度もないが、店長クラスだと自主的にしているのをよく見かける」(ショップスタッフ/20代前半女性/正社員/新卒入社/3年未満/投稿時に在職/400万円/2017年度に関する口コミ)

 残業時間を会社がきちんと管理してくれるというのは社員にとって大きなメリットに思えるが、20代の若手社員としては「もっと残業して稼ぎたい」という本音もあるようだ。