bizSPA!フレッシュ

有名ブロガーに憧れ、高知に移住した若者の末路。友人は「ちゃんと就活して」

コラム

 ブログで稼ぐためのノウハウなどさまざまな情報商材を販売し、炎上も厭わぬ煽りスタイルでおなじみの有名ブロガー・イケダハヤト氏(32)。彼を神とあがめる若者も少なくない。

イケダハヤト

※イケダハヤト氏のツイッター画面

 イケダハヤト氏は大学卒業後、一度は大手半導体メーカーに就職するものの、11か月でITベンチャーに転職。社会人3年目には独立し、フリーランスに。2014年に高知に移住し、「まだ東京で消耗してるの?」という名フレーズをブログに掲げている。

 高知に広大な土地を買って「イケハヤランド」と称する「ユーザー参加型の農村テーマパーク的フィールド」を作り、彼に憧れて、高知に移住する若者も続出。

 一方で、作家のはあちゅう氏らとオンラインサロン「脱社畜サロン」を運営。同サロンの元オーナーで、“連続起業家”の正田圭氏の経歴に疑義が起きたことに端を発する炎上騒動も記憶に新しいところだ(その後、正田氏はツイッターやnoteで疑義を否定)。

 今回はそんな何かとお騒がせなイケダ氏を長期にわたって観察してきた“イケハヤウォッチャー”の佐々木さん(仮名・女性28歳)に、イケダ氏に心酔した一人が辿った末路を語ってもらった。

在学中にうつを発症、就職して3年でイケハヤ書生に

 佐々木さんがイケハヤウォッチャーとなったのは、大学時代の友人Xさんがイケダハヤト氏の“書生”となったのがきっかけだ。

「Xとは2013年卒の大学の同期で同じ団体に所属していた仲です。彼は学園祭実行委員会など学生団体に色々所属していて、幅広く活動していました。上昇志向が強いというか、いわゆる“意識高い系”で。勉強は得意なタイプで成績も良く、官公庁や大企業にコネのある先生のゼミに入り、推薦状をもらおうと必死でしたね」

 だが、佐々木さんによれば、Xさんには肝心なところで抜けている要領の悪さもあったそうで、努力の甲斐も虚しくお目当ての推薦状はもらえず。Xさんは結局中小規模のSIer企業に就職し、ITエンジニアとして働き始めた。

「推薦をもらえなくて、不貞腐れていた姿が印象に残っています。X曰く、大学4年の在学中にうつ病を発症したそうで、就職後も仕事がうまくいかず病気で苦しんでいました。いま思えば、その頃に私達も何か手を差し伸べることができれば良かったんですが、そんな状況の彼がネットか何かのコミュニティを介して出会ったのがイケダハヤトだったんです。それからのXはSNSでの会社の愚痴がそれまで以上に目立つようになっていき、何かとイケハヤとつながっているアピールもしてくるようになりました」

 当時はイケダ氏が高知に移住し、ちょっとした雑用などを手伝うだけの条件で、月10万円をベーシックインカムとして補助する“イケハヤ書生プログラム”を開始したタイミング。仕事に悩む20代前半のXさんに、この頃のイケダ氏の言動が眩しく映ったのも無理からぬことで、就職して丸3年が経過した2016年に、Xさんは会社を辞めて高知に移住する。

画像はイメージです(以下同)

もともと人一倍高いプライドに、高知で拍車がかかる

「イケハヤ信者が住むことで有名な沢田マンションで暮らし始め、イケハヤのベーシックインカムのほか、『ランサーズ』など低単価のWeb制作案件でも収入を得ていたようでした。彼としてはイケハヤの手を借りつつ、フリーエンジニアとしてお金を稼ぎながら、社労士やファイナンシャルプランナーの資格を取って、手に職をつける目的もあったみたいです」

 こうしてイケダ氏のお先棒を担ぐこととなったXさんは、フリーエンジニアとして自身の仕事をまとめたサイトや、本名を紐づけるかたちで“うつ病に関するアフィサイト”を制作した。しかし、佐々木さんは「そのへんも要領悪いというか、少し抜けているんですよね」と嘆息する。

悲しみ
「うつサイトのTwitterアカウントが自身のプライベートアカウントも兼ねているんですが、普通に考えてうつ病の人に仕事依頼しにくいじゃないですか。しかも、同じアカウントでクライアントの悪口もあからさまにつぶやくし……。

 学生時代の先輩で『東京にも働き口があるから戻ってこない?』みたいなLINEを心配して送った人もいたんですが、そういうやりとりもすぐブログに無断で晒して、『こいつはこんなことを言っているけど俺は戻らない』『俺はもうフリーで食べていくんだ』とか勢いで書いちゃう。

 もともと人一倍プライドは高かったですが、高知ではだいぶ拍車がかかっていましたね。ちょっと天然で偉そうなだけで、本人に強い悪意があるわけでもないんですが」

12