bizSPA!フレッシュ

夏を先取り!セブンの「冷たい牛骨醤油ラーメン」でシャキッとひんやり気分

コラム

 紳士のコンビニ飯。日夜忙しいサラリーマンのために、一息つけるランチや優雅な朝食を愉しめる新商品をご紹介します。

 例年より早くあたたかくなった2018年。その証拠に、例年よりも桜の開花が早かったですよね。気づけば、徐々に夏のあっつい気配が南から押し寄せています。今回は、これからくるであろう暑い夏にピッタリのセブン-イレブンの新商品を紹介します。

冷やし中華より、冷やしラーメンで夏を乗り切ろう!

「あっさりスープの冷たい牛骨ラーメン」
税込価格:430円

あっさりスープの冷たい牛骨ラーメン

 まず注目すべきは、なんといってもコスパ。税込み430円に対して、具が中央から時計回りに、チャーシュー、たまご、メンマ、たまねぎ、ネギ、もやし。6種類もはいってこのお値段。いわずもがな、お財布に優しい……。

あっさりスープの冷たい牛骨ラーメン

 蓋をあけて具の様子をチェック。チャーシューは分厚め、メンマは3本、もやしの量は多め。シャキシャキのたまねぎが、さらに涼しくさせてくれるのを期待します。具を見てるだけでお腹がグゥーとなってしまいました!

スープを取り出して、はじめてわかる想像以上の麺量

あっさりスープの冷たい牛骨ラーメン

 想像以上に大きい袋に入ったスープを持ち上げると、これまた期待以上麺量。このボリュームでこの金額は改めてコスパよし。お腹がいっぱいになりすぎないだろうかと、若干心配になるくらい。

 スープを麺にかけ、麺をほぐしてから、具を盛りつけます。味も大事だけど、見た目も大事。「食べたら同じじゃない?」という意見もありますよね。筆者は、見た目が均質的で整っているほうが美味しそうだなーと思いますが、みなさんはどうでしょう?

あっさりスープの冷たい牛骨ラーメン

 ジャジャーン!! チャーシューを一番上に盛りつけたほうが、もっと美味しそうに見えるかな。ラーメン屋を営まれている方に、もっとも美味しそうにみえる具の盛り付け方を学びたい……。

12