bizSPA!フレッシュ

頼れる上司がお酒を飲むと豹変…「隠れ飲み会モンスター」に注意

キャリア

 どんな企業でも必ずと言っていいほど行われる、飲み会。本来は楽しいはずのイベントですが、その飲み会を頭痛の種にしている人もいるようです。

上司

※画像はイメージです(以下同じ)

 今回、大手旅行会社の新入社員の下川達也さん(仮名・22歳)から、お酒が入ると豹変し、誤った「飲みニケーション」でアルハラまがいの言動をするモンスター上司の話を聞くことができました。

「上司のAさん(30代後半)と私は職場の同じ部署で、学生向けの旅行や合宿の案内をする仕事をしています。仕事中のAさんは仕事もできて、私のフォローもしてくれる頼れる上司なんです」

普段はまともなモンスター上司が大暴れ

 そんな上司の鏡のようなAさんですが、飲み会になると人が変わったように傍若無人に暴れてしまうんだとか。

「化けの皮がはがれるというか、もはや“モンスター”です。仕事柄、学生と話す機会が多いせいかはわかりませんが、飲み方が学生クサイ。飲んでいる最中は下ネタばかりで、女性社員もいる前で何度も『あいつは童貞だから』などと根も葉もないことを言われ、赤っ恥をかかされました」

 Aさんの痛々しいモンスターっぷりはそれにとどまらない様子。

「彼は部下に学生のようなイッキコールでお酒の一気飲みを強要するんです。私はお酒があまり強いほうではないので、いつも苦労しています。また、挙句の果てには一人で酔いつぶれ、まわりに介抱される始末。学生気分の抜け切らない新入社員ならいざ知らず、いい歳した30代の上司のお酒の飲み方とは思えません」

アルハラの原因は部下へのひがみ?

 このように、痛々しい振る舞いとアルハラで下川さんを苦しめるAさん。下川さんの先輩で、Aさんの後輩である女性社員の佐藤さん(仮名・25歳)は、飲み会の現場でのAさんの下川さんへの振る舞いについてこう語っています。

「Aさんは、特に下川さんに対しての扱いがひどいんです。下川さんは人当たりもいいし真面目だし、女性社員から少し人気だからなのかはわかりませんが、セクハラまがいの中傷は特にヒドいです」

 もちろん、そんなことを言われても部下たちは「はぁ、また始まったよ」と思うしかありません。

「Aさんはそんなことをするから当然、女性人気はない。ひがみとかコンプレックスをお酒の力を借りて爆発させているのかもしれません。それが原因でまた人気がなくなるってわからないんですかね」

 このように、お酒で不満や嫉妬が爆発してしまったり、自分勝手に楽しんでいるせいで周りからの評判も、もちろん悪くなっているようです。

12

吉野咲来は他にもこんな記事を書いています