bizSPA!フレッシュ

やっぱりiPhoneのカメラ機能は優秀だった! 激安スマホと比較

ガジェット

 昨今、巷で話題になるジェネリック家電や格安航空(LCC)などの激安商品。

激安商品を試した

※写真はイメージです

 収入も限られている20代サラリーマンにとってはありがたい存在だが、なかにはあまりにも安すぎて粗悪ではないかという物も……。そんな疑問を解消すべく、精鋭記者たちが、さまざまな「激安商品」を実際にお得なのか試してみた。

激安スマートフォンって大丈夫なの?

 今どき、キャリアから出ているスマホの最新モデルは10万円近くと高額。一方、Amazonでは1万円以下のSIMフリー機が出回っている。なかでも目立って安い「DOOGEE X50」を6599円で購入した。はたしてその実力は?

 モバイル評論家の法林岳之氏いわく、スマホの価格差が最も顕著に表れるのは「ディスプレイの解像度」。そこまで画質は求めないという人でも、1万円を切る端末の標準である「フルワイドVGA」の黄ばんだ画面を目にすれば、さすがにキツいと思うだろう。

「X50」は、まさにこのクラス。5インチという画面サイズも、この大画面全盛期にはツラいものがある。カメラは流行のデュアルレンズを搭載しているが、「トイカメラのフィルターでもかかってるの?」というレベルの画質で、ボケ味を楽しむどころではない。

スマートフォン

iphone(左)と比べると一目瞭然。デュアルレンズがどうこうというレベルにはないお粗末なカメラ。タッチパネルの入力も感度の問題かミスが起こりがち

 iPhoneと比べると一目瞭然。高額なiPhoneのカメラ機能は優秀だということを身に沁みて感じたのだった。

 とはいえ、通話やメールなどは問題なく行えるので、スマホとしてはきちんと作ってあるが、始終目にするものだけに、画面がショボいと十分ストレスになるのだった……。

[Good]通話、メール、ネットなどは一通りこなせる
[Bad]画面とカメラがショボすぎてストレスに
[評価]★★☆☆☆(物好きなら)

12