桜井日奈子、憧れの女優は「安藤サクラさん。今後はアクションもやりたい」 | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

桜井日奈子、憧れの女優は「安藤サクラさん。今後はアクションもやりたい」

憧れは「安藤サクラさん」今後はアクションもやりたい

――桜井さんはまだ20代に入られたばかりですが、これからこうなっていきたいという目標はありますか?

桜井:私の憧れの女優さんは安藤サクラさんです。きっかけは『百円の恋』を観たことでした。その作品の安藤さんにすごく惹かれて、それから「目標です。いつか共演したいです」と言っています。

『万引き家族』も素晴らしい作品でした、サクラさんが出ていたので観ました。私も「桜井日奈子が出ているから観てみよう」と思われるような女優さんになれたらと思います。

――『百円の恋』のような作品は、今の桜井さんのイメージとは感じが違いますが、オファーがあればやりたいですか?

桜井:もちろん、やりたいです。『ういらぶ。』の優羽が世間の方が私に抱いているイメージに近いようで、どの現場に行っても「もっとふわふわしている子だと思った」と言われます。いまはこういうイメージなんだなと受け止めつつ、また別の作品で全然違う私を見せられたらいいなとも思っています。

――すごくしっかりされてますよね。

桜井:本当ですか? ありがとうございます。今後はアクションもがっつりやってみたいです。むしろそちらのほうが得意ですし。

笑ってキュンキュンしてすっきりしてほしい

桜井日奈子

――ぜひ観たいです。キュートな見た目で実はすごく強いというギャップのある役で。

桜井:いつかやれるように頑張ります! でもまずは『ういらぶ。』を楽しんでいただいて。

――では最後に『ういらぶ。』公開に向けてメッセージをお願いします。

桜井:タイトル通り、優羽と凛の初々しいラブが描かれています。でもただキュンキュンするだけじゃないんです。観ている人は、優羽と凛がお互いに好き同士だと分かっているから、もどかしく感じると思いますが。

 幼なじみのふたりが恋人同士になるために、今までの関係を壊して新しい関係を築こうと一生懸命な姿を、応援する感覚で観てもらえたら嬉しいです。なにより、笑ってキュンキュンしてすっきりしてもらえたらと思います。

<取材・文・撮影/望月ふみ>

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異
Twitter:@mochi_fumi

【公開情報】
ういらぶ。』は11月9日(金)より公開
© 2018『ういらぶ。』製作委員会 © 星森ゆきも/小学館

おすすめ記事