bizSPA!フレッシュ

【運気が上がる!?映える町中華】餃子が主役の「LUCKY ALEXANDER CHINA」食べてみた

2023年5月2日(火)目黒区駒場の松見坂に、餃子を主役にした町中華「LUCKY ALEXANDER CHINA(ラッキー・アレクサンダー・チャイナ)」がオープンする。幸運をコンセプトとした、オーナーこだわりのお店に一足先にお邪魔した。行くと幸せになれそうな町中華とはどんなところなのか? お店自慢の3種類の餃子とおすすめの料理やお酒を紹介する。

おしゃれ通り松見坂に出現した町中華「LUCKY ALEXANDER CHINA」

神泉駅から徒歩10分ほどの松見坂。都心でありながら住宅地であり、実はおしゃれなグルメが密集しているこのエリアに、新たな店が誕生した。それが2023年5月2日(火)オープンの「LUCKY ALEXANDER CHINA」、通称「LUCKY ALEX(ラッキー・アレックス)」である。

ネオンが光る店舗の外観は異国情緒にあふれており、犬の散歩や自転車で通りかかった人たちが興味深げにのぞいていく。

オープンより前に伺ったので、まだ商品が準備されていなかったが、店前の自動販売機ではお店で提供している餃子3種類[各20個入り](1,500円〜)が購入できる。24時間いつでも好きなときにおいしい餃子が購入できるのはうれしい。

どこか懐かしく居心地のいい店内

店内はモダンでありながらレトロな雰囲気のインテリア。

食器類は90年代を思わせるボーンチャイナに赤の文字が映えている。

そしてトイレは金運が上がりそうなピカピカの金色。お店を訪れた際は、ぜひその目で確かめてほしい。

オーナー 車田篤(くるまたあつし)氏

オーナー 車田篤(くるまたあつし)氏

オーナーは、「THE GREAT BURGER」「GOOD TOWN DOUGHNUTS」「Jennifer Seven」などの飲食店を展開している車田篤氏。

渋谷にある「THE GREAT BURGER」から自宅に帰る途中に通る松見坂に、かねてから店を出したいと思っていたのだとか。ご自身が中華好きということもあり、今回物件が空いたことでいつかやってみたかった町中華の店をオープンしたそうだ。

外装や内装、食器に至るまで全てのデザインは車田氏によるもの。様々なところに”幸運”や”LUCKY”の文字が散りばめられた店は、なんだか元気をもらえる空間だ。車田氏曰く「食事とはそもそも人を幸せにするもの」。「ラッキー・アレックス」は、それを見事に表現した店と言えるのではないだろうか。

おすすめ記事