パチンコや麻雀が楽しめる「介護施設」。当初は“反対意見”も実現に至ったワケ | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

パチンコや麻雀が楽しめる「介護施設」。当初は“反対意見”も実現に至ったワケ

ビジネス

 各所で多様性の必要性が叫ばれているが、介護業界も例外ではないのかもしれない。日本シニアライフ株式会社が関東中心に約20店舗を展開するデイサービス「ラスベガス」は、パチンコや麻雀などを利用者が楽しめる。今回の記事では、これまでのイメージを覆すような介護事業所の実態をレポートしてみたい。

ラスベガス

デイサービス ラスベガス 町田木曽

「黒いエスクァイア」が迎えに来る

 お邪魔したのは、東京都町田市にある「デイサービス ラスベガス 町田木曽」。黒いエスクァイア、もとい送迎車がビシっと駐車されていた。送迎車と言えば白いハイエースのイメージもあるが、デイサービスに通っていることを周囲に知られたくない利用者も少なくないため、黒いエスクァイアを採用したらしい

ラスベガス

黒いエスクァイアが送迎車だ

 入口を抜けると真っ先に目に飛び込んできたのが、ずらりと並んだパチンコ台。半年に1回は機種を変えるため、飽きがこなさそうだ。ただ、古い台はプレミアムがついているため、なかなか手が出せないのだとか。ちなみに1番人気は海物語シリーズらしい。

ラスベガス

パチンコ台が並ぶ

体操の時間が気分転換に

 1時間に1回、5~10分の体操の時間を設けているという。体操を面倒がる利用者もいそうだが、1時間麻雀を打っていると年齢に関係なく身体を動かしたくなるもの。むしろ気分転換として体操に前向きに取り込む利用者は多いようだ。

ラスベガス

雀卓を囲んで体操

 また、体操中に流れる曲は、なんとレディー・ガガの「Born This Way」。検討を重ねた結果、1番体操との相性が良かったようで定番化したという。

ハッシュタグ

おすすめ記事