バンカーから30ヤード離れたピンに寄せるスイングのポイントは?/三觜喜一 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

バンカーから30ヤード離れたピンに寄せるスイングのポイントは?/三觜喜一

 教える側の経験則や主観で語られてきた既存の指導法とは一線を画す論理的なレッスンで、YouTubeチャンネル登録者数40万人とゴルファーから絶大な人気を誇るティーチングプロの三觜喜一氏。「自身の集大成」と位置付けるゴルフレッスン本『誰も知らなかったゴルフの教科書』が発売された。そんな彼が『週刊SPA!』で1年半に渡って繰り広げてきた“誌上レッスン”をここに公開!

三觜喜一氏(日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級)

三觜喜一氏(日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級)

Lesson63 バンカーから30ヤード離れたピンに寄せる打ち方を解説!

【前回を参照】⇒Lesson62

 グリーン回りのバンカーショットは、その都度ピンまでの距離が異なります。ピンまでの距離が近い場合の打ち方を紹介した前回に続き、今回はピンまで距離があるケースの対処法をお伝えします。前回同様ボールが砂に沈んでいない平らなライ(場所)。距離は15~30ヤード想定でのショットです。

 まずは打つ前に、ボールの落としどころを決めるのが第一。距離がある場合、途中にラフやカラーがあってもグリーンに着弾させることになります。ある程度スピンがかかってもピンに向かって下りならランが出て、上りなら転がりません。当然、前者より後者のほうがピンの近くに狙いを定めることになります。

ボールの落しどころを決めたら…

誰も知らなかったゴルフの真実

 また、ピンの右側が高ければ右に、左側が高ければ左に打たないと、うまく打ってもピンから離れていってしまいます。さらに、上りのパットを残したければピンに向かって打つなど、要はファーストパットを考えて落としどころを決める必要があるのです。

 落としどころが決まったら、弾道をイメージしながらアドレス。フェースは気持ち開いてもいいですが、開かなくてもOK。ボールが体の真ん中にくるように立ち、肩幅程度のスタンス幅で構えます。短い距離を打つときのようにボールから離れる必要はありません。

12

ハッシュタグ

おすすめ記事