ミスしても「SNSの活用に変えよう」人気クリエイターに聞く“モノ選び”のコツ | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ミスしても「SNSの活用に変えよう」人気クリエイターに聞く“モノ選び”のコツ

ビジネス

 会社勤務の傍ら、続けてきたブログが話題となり、月間20万PVを集めるほどの人気ブロガーになった高澤けーすけさん@saradaregend)。

高澤けーすけ

高澤けーすけさん

 現在はデジタルライフクリエイターとして、登録者17万人超のYouTub運営のほか、2022年9月には『デジタルライフ・モノワーカー モノ選びで劇的に豊かになる仕事術』(KADOKAWA)を出版しています。

 ベンチャー企業、ヤフージャパンのデジタルマーケティング職を経てフリーランスとして活躍する高澤さんにカメラやガジェットなど、モノを最大限に活用するコツなどを聞きました。

普遍的なテーマで書きたかった

――そもそも本を出すきっかけは何だったのですか?

高澤けーすけ(以下、けーすけ):インフルエンサーとしての活動を、ブログしていた時期も含めて約8年続けているんですが、その間にも出版のお話は何回かいただいていました。もともとカメラやガジェットについての発信をYouTubeでしているので、そのことについてのオファーが多かったのですが、2~3年後には状況がすごく変わっている気がして。

 もっと普遍的なテーマで書きたい気持ちが強かったところ、今回「モノワーカーのようなテーマはどうですか?」という具体的なご提案をいただきまして。僕も書きたい内容だったので、ぜひお願いしますということになりました。

徐々にガジェット好きになっていった

KADOKAWA

高澤けーすけ『デジタルライフ・モノワーカー モノ選びで劇的に豊かになる仕事術』KADOKAWA

――昔からカメラやガジェットは好きだったんですか?

けーすけ:小さい頃から好きだったのかって言われると、そうではなかったと思いますが、凝り性なタイプだったのかもしれません。

 高校から大学のときに音楽をやっていたこともあり、そこから「エフェクターを作る」というブログを始めたこともあります。ガジェットに関しては、周囲にガジェット好きな友人もいて、環境に影響され、徐々に好きになっていきました。

モノ選びで劇的に豊かになる仕事術

モノ選びで劇的に豊かになる仕事術

リモートワークが一般的に普及し、フリーランス人口も増加する中で、在宅環境、仕事道具を見直すことができる一冊

おすすめ記事