「ステーキけん」井戸実が明かす“大手チェーンの逆鱗”に触れてからの現在地 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「ステーキけん」井戸実が明かす“大手チェーンの逆鱗”に触れてからの現在地

ビジネス

 かつて「ステーキハンバーグ&サラダバーけん」を、開業6年で230店舗を展開するほど急成長させた井戸実氏@idominoru)を覚えているだろうか。歯に衣着せぬ発言が持ち味で、物議を醸したことも少なくない印象があるはずだ。

井戸実氏

井戸実氏

 現在の井戸氏は実業家として、株式会社ミッションコンプの会長を務めている。今回の記事では、これからの飲食業界が目指すべきところや、“ステーキけん以降の仕事”について聞いた。

マインドの変化から苦戦を強いられる

――日本にコロナの影響が広まってすでに2年半近く経ちました。苦境が続くなかでも、うまくいっている業態と、苦戦している業態を教えてください。

井戸実(以下、井戸):ファストフード店はうまくいっています。疫病が増えても、腹は減りますからね。一方で大きな打撃を受けたのは、総合居酒屋です。多店舗展開すると脱却も難しいんですよ。大手が今後、どういった舵取りをするかは注目しています。

――大型の居酒屋は、行政からの時短営業要請だけでなく、人数制限の影響もありそうですよね。

井戸:それもありますが、コロナ以前から「会社のみんなで飲みに行くのって嫌だよね」みたいな流れが生まれていて。そのマインドの変化からも苦戦を強いられていました。それをコロナが後押しした形ですね。

なぜ「ロードサイド」に注目したのか

井戸実氏

ミッションコンプのWEBサイトより。現在は飲食店のFC支援を行っているという

――今後はどういった業態が伸びていくと思われますか?

井戸:ファストフード以外だと、回転寿司は強いですね。海外からのお客さんが戻れば、さらに伸びるでしょう。お酒中心の業態は、引き続き厳しいと思いますが、回転寿司はお酒を出しながらも、あくまで食事が中心です。それから、立地ですね。テレワークも増えたので、かつてのようにターミナル駅の周辺に人が集まらなくなっています。回転寿司はロードサイド店舗も多いので、それも強みになっていますね。

――コロナ禍で、ロードサイド店にメリットが生まれたんですね。井戸さんが「ステーキけん」を拡大させ、「ロードサイドのハイエナ」とまで呼ばれた頃は、なぜ郊外のロードサイドにチャンスがあったんですか?

井戸:「ステーキけん」は2006年に1号店(南柏店)がオープンしています。当時は福岡で起こった飲酒運転による事故(※福岡海の中道大橋飲酒運転事故)の影響で、飲酒運転に対する意識が高まっている時期、厳罰化もされました。このタイミングで車で来店するお客さんが中心のロードサイド店は、一気に閉店していったので、空いたスペースにどんどん居抜きで入っていきました。店をゼロから作ると、1店舗しか作れない金額で10店舗出せたんです。

おすすめ記事