「35歳を過ぎると転職が不利になる」説は本当?転職サイト運営に真相を聞く | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「35歳を過ぎると転職が不利になる」説は本当?転職サイト運営に真相を聞く

キャリア

採用担当以外の人とも話す機会を

履歴書

 35歳を過ぎても無条件で突っぱねられることはないと分かっても、先方にふさわしい人材でないと意味がない。実際に転職する際に、採用側に好まれる資格やスキルはあるのか。

「資格については職種によるので一概には言えませんが、うまくいく人の共通点として話しますと、『受ける企業の文化をきちんと理解して、それに順応する意思がある』という点です」

 書類選考や面接の中で「順応の意思」を表現するのは難しいようにも思えるが……。

「企業の人ときちんと会って話すことですね。例えば、入社するまで、採用担当としか話していないということがよくあります。さらに最近は、対面ではなくオンラインでしか話していないことも多いわけですが、これは企業理解を深める意味では不十分かなと思っています。数人規模の企業であれば仕方ありませんが、そうでなければできるだけ多くの人と話してほしいです。できる限りオンラインではなく、実際に会うのが良いです

転職で年収が下がるケースは「2~3割」

 求職者の立場として、前のめりに「話をさせてほしい」と頼むのことに気が引ける人も多いだろう。複数の人と会う必要があるのは、どういった背景があるのか。

「会社という組織には色んな側面があります。面接官1人だけでなく、多くの人と会って会社を多面的に見ることで初めて会社を立体的に理解できると思います。そのために、会社のことをしっかり調べ自分なりにイメージを持ち、聞きたいことを整理した上で先方に会ってもらえるようにお願いするのが大事です。今は採用難の時代なので、採用に前向きな企業であれば、しっかり応えてくれるはずです

 新卒で入社して現在30代半ばであれば、勤続10年を超えている。そうなると、それなりの年収をもらっているかもしれない。転職によって年収が下がってしまう懸念についてはどうだろう。

「これも、採用難の時代が影響していると思いますが、弊サイトで転職いただいて、年収が下がることは35歳前後の方でも稀です。そうしたケースは2~3割で、大多数の方は転職後の年収は横ばいかむしろ上がっています。企業側も内定を出すからには入社してほしいと思っているので、求職者が辞退しないような年収水準を提示するケースが多いです

おすすめ記事