bizSPA!フレッシュ

「しっかり歯磨きしているのになぜかクサい」“口臭ケア”のキホンを医師に聞く

 上司や取引先など多くの人とコミュニケーションを取るビジネスマン。若手ならずとも「口の臭いケア」は基本のエチケットですよね。

男性 口臭

※画像はイメージです(以下同じ)

「Aさんと打ち合わせをしたら、口がめちゃめちゃクサかった。もう話をしたくないなぁ……」

 こんな経験したことありませんか? あるいはここまで直接的でなくとも、取引先と会話中、相手の口臭に思わず顔をしかめて気まずい空気になってしまったことは?

20代でも生活習慣で“口クサ”に!

 もしビジネスの重要な局面でそんなことがあったら、致命的ですよね。では、ヒドい口臭が発生したとき、口内では一体、何が起きているのでしょうか? 臭いのプロ・五味クリニックの五味常明院長が解説します

「私たちの口が通常、クサくならないのは、唾液に含まれるリゾチームという酵素の働きで、臭いの元となる雑菌の増殖が抑えられているからです。逆に唾液が減ってしまうと、殺菌力も低下するので、雑菌が増え、口臭に結びついてしまいます」(五味院長、以下同)

 では、臭いを抑制する唾液はどうすると減ってしまうのでしょうか?

「口内環境は生活習慣に左右されます。なので、たとえ20代の若手サラリーマンでも朝食を抜いたり、夜更かしやストレスがあったりすると、唾液の分泌が低下して、口内の雑菌が増え、口が臭くなってしまいます。偏食家だったり、過度な喫煙やアルコールの摂取も同じくアウトです」

忙しい人に、医師が勧める口臭予防は?

口腔ケア用品

 それこそ、口がクサいと新入社員も話を聞いてくれないかも……。厄介な口臭を効果的に予防する方法とは?

「口臭の原因は、当然ながら、口の中にある場合がほとんどです。歯に付着したプラーク(歯垢)は、食べカスを餌にして増殖した細菌の塊ですし、放置された虫歯や歯肉炎なども強烈な臭いを放ちます

 なので、口臭予防はしっかりとした“口腔ケア”がもっとも効果的です。できれば、毎食後にブラッシングするのが理想ですが、忙しい場合は口臭予防効果の高いガムやタブレット、スプレーなどで一時的に抑えても大丈夫です。特にガムは咀嚼によって唾液の分泌が促進されて、高い効果が見込めます」

12