bizSPA!フレッシュ

軍事政権下のソウルで若者は何を変えたのか?注目の韓国映画

 9月8日公開予定の韓国映画『1987、ある闘いの真実』。本国では“韓国のゴールデングローブ賞”こと百想(ペクサン)芸術大賞において大賞、脚本賞、主演男優賞(キム・ユンソク)、助演男優賞(パク・ヒスン)の四部門を授賞した話題作です。

1987

©2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED

 舞台は全斗煥大統領の軍事政権下にあった1987年のソウル。民主化デモを先導していたソウル大学の学生パク・ジョンチョル(ヨ・ジング)は拷問で悪名高い治安本部の南営洞・対共分室で水責めにより死亡します。

悪名高い「テンジョンニュース」とは?

 責任者のパク所長(キム・ユンソク)は、直ちに証拠隠滅のための火葬を命じるが、ソウル地検公安部のチェ検事(ハ・ジョンウ)はその死亡状況に疑問を持つ。

 単独では警察組織の圧力に抗し得ないと悟ったチェ検事は東亜日報のユン記者(イ・ヒジュン)に情報をリークする。スクープが流れたことで慌てた治安本部はパク所長の部下2人を逮捕し、尻尾切りを企むが……。

 物語は全大統領政権下の悪名高い、「テンジョンニュース」から始まります。時報が夜の9時をテン、と打つと開口一番「全斗煥(チョン・ドゥファン)大統領は~」とアナウンサーが話し出すような政府の広報機関と化した国営ニュース番組につけられた通称です。

 前作『ファイ 悪魔に育てられた少年』では、一瞬たりとも目を離せないサスペンス描写で観客を釘付けにしたチャン・ジュナン監督は、ここでも冒頭から1987年当時の韓国の空気感に見事に引きずり込みます。

 異常な地価高騰と財テクに沸き返り、『サラダ記念日』『ノルウェイの森』、さらに光GENJIブームに沸いていた隣の島国の様相からすると信じられない緊迫感に驚かされるばかり。

極秘裏に行われたシナリオ製作

1987

©2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED

 ジュナン監督がこの作品を作り始めたのは保守派の朴槿恵(パク・クネ)政権下。当時は文化人のブラックリストが存在するなど表現に対する弾圧が激しく、シナリオ製作も極秘裏に行わざるを得なかったようです。

 そんな中で製作された本作からは単に歴史的事実を描写するという以上のスゴみが伝わってきます。

 そんな監督の熱い意志に応えて重厚なリアリティを与えるのが俳優陣です。飄々としながら職務を全うしようとするチェ検事を演じたハ・ジョンウ(『チェイサー』)、老練な地下活動家キム・ジョンナム役ソル・ギョング(『シルミド/SILMIDO』)、次第に政治意識に目覚めていく女子大生ヨニ役キム・テリ(『お嬢さん』)…etc。

12

ハッシュタグ