魔法少女が「ドラゴンのちんちんを見に行く」漫画はなぜ生まれた?原作者に聞く、創作のこだわり | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

魔法少女が「ドラゴンのちんちんを見に行く」漫画はなぜ生まれた?原作者に聞く、創作のこだわり

コラム

 web漫画サイト「くらげバンチ」に掲載された読切、「ドラゴンのちんちんを見に行こう」がツイッターでバズり、連載化が決定。そこから単行本発売と、とんとん拍子にここまでキャリアを形成してきたように見える、プロ漫画原作者・端さん@syakekonbu1)。

バンチ

『ミムムとシララ~ドラゴンのちんちんを見に行こう~ 1巻』(バンチコミックス)

 10月20日には『ミムムとシララ ~ドラゴンのちんちんを見に行こう~』(バンチコミックス)を発売します。前回のインタビューではSNSでバズった瞬間などを聞きましたが、後編では元・会社員だった端さんが、“好き”を仕事にするまでを聞きます。

【インタビュー前半】⇒ドラゴンのちんちんを見に行く!会社員が“異色の漫画”でプロデビューするまで

【マンガ】『ミムムとシララ ~ドラゴンのちんちんを見に行こう~』第1話を読む⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

【マンガ】『ミムムとシララ ~ドラゴンのちんちんを見に行こう~』第2話を読む⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

バズった漫画『ドラゴンのちんちんを見に行こう』誕生秘話

――やっぱり「ドラゴンのちんちんを見に行く」という設定がぶっ飛んでいると思うのですが、なぜちんちんをテーマにした漫画を描こうと思ったんですか?

端:自分は名も売れてないですし、絵もあまりうまくはないので、人がまだやっていなくて、面白いジャンルはないかな……と色々探っていくうちにちんちんに行き着きました。

――ちんちんを取り上げる上で、気をつけているところはなんでしょうか。

端:ちんちんがテーマなのに意外かもしれませんが、ちんちんそのものを見せないようにしています。ちんちんを描写するとどうしても作品自体がニッチで人を選ぶ作品になってしまうと懸念していて、広く読んでもらうために意図して“浅い”描写にしています。

――2巻ではどんな生き物のちんちんを見に行くのですか?

端:1巻では編集さんに「誰でもわかるようなラインナップでいってほしい」と言われてああなったのですが、2巻ではニッチな生き物や自分の好きな生き物のちんちんを見に行かせたいと思います。

好きなことを職にすると、ものすごく楽しい

ドラゴン

拡散されまくったという1ページ

――どの生き物のちんちんを見に行くか、どのようにして決めているのですか?

端:神話や動物の生態を調べて、これはお話にできるなと思って、絞っていっている感じです。近くの図書館で資料を探しています。

――最後に、「好きなことを仕事にしたい」と思っている読者に一言お願いします。

端:みなが皆、好きな仕事に就けるわけではないので、軽率に「好きなことを仕事にしたほうがいい」とは言えませんが、実際に好きなことを職にしてみると、ものすごく楽しいので、本当に好きなことがある方は頑張ってみてもいいかもしれません。

<取材・文/bizSPA!フレッシュ取材班>

ミムムとシララ 〜ドラゴンのちんちんを見に行こう〜

ミムムとシララ 〜ドラゴンのちんちんを見に行こう〜

魔法学校の優等生ふたりが、ドラゴン、ユニコーン、インキュバス、スライムなどの生態を「すみずみまで」調査! この世界には未知なるちんちんで溢れている!

ハッシュタグ

おすすめ記事