水道屋がタピオカ、アパレル事業に進出。“令和のヒットメーカー”が明かす、独自の審美眼 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

水道屋がタピオカ、アパレル事業に進出。“令和のヒットメーカー”が明かす、独自の審美眼

ビジネス

 人々のライフスタイルに欠かせない衣・食・住。多くのビジネスチャンスが転がっている競争激しい領域ゆえに、苦戦する企業も少なくない。そんななか、水道工事業や台湾カフェ「春水堂」、ボーダレスウェアブランド「WWS/ダブリューダブリューエス(以下 WWS)」など、衣食住全ての分野でビジネスの軌道に乗せているのがオアシスライフスタイルグループだ。

オアシス

株式会社オアシスライフスタイルグループ 代表取締役社長の関谷有三氏

 同社の代表取締役社長を務める関谷有三氏に、事業をヒットさせるための秘訣や今後の展望について話を聞いた。

倒産危機の家業を立て直す

 大学時代は何かやりたいことがあるわけでもなく、ごく普通の大学生活を送っていたという関谷氏。転機は、父親から「有三、会社を手伝ってほしい」と言われたことだった。

「実家が栃木の宇都宮で水道工事の会社を営んでいたんです。父親から連絡があった時はもう倒産寸前で(笑)。大学卒業後は特にやりたい仕事もなかったため、仕方なく父親の会社を手伝うことにしました」

 家業の立て直しに奔走し、見事、経営危機を脱することに成功。その後、独立する形で2006年に株式会社オアシスソリューションを立ち上げる。

創業期はハローワークで社員採用

オアシス

 ここから起業家人生がスタートしたわけだが、創業期は苦労が絶えなかったそうだ。

「最初はマンションの1室から始めました。とにかく売上を立てなくてはならないので、飛び込み営業やテレアポなど新規開拓に勤しみましたが、無名の会社ゆえ全く相手にされなかった。資金もないので社員もハローワークで募集したんですよ(笑)。まさに“金なしコネなし”の状況でしたね」

 ハローワークで採用した同年代の女性社員とともに営業活動を頑張ったものの、なかなか成果が出ない。途方に暮れていたある日、仕事帰りに見た「ある映画」が、営業の仕方を変えるアイディアにつながる。

営業活動の際に“ビジネスネーム”を使ってアポ取りを行うようにしたんです。ちょっとした工夫でしたが、少しずつアポが取れ始めるようになり、中堅どころのマンション管理会社が初めての取引先になってくれました。初めは叱責されましたが、逆に度胸を買われて担当者の方に気に入ってもらえたんですよ(笑)」

 オアシスソリューションの名は次第に多くのマンション管理会社へと知れ渡るようになり、今ではマンション向けの水道メンテナンス事業で業界シェアNo.1と言われるまでに成長した。

おすすめ記事