話題のCM女優・小宮山莉渚が語る、仕事への想い「自分の夢に気づいた」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

話題のCM女優・小宮山莉渚が語る、仕事への想い「自分の夢に気づいた」

 綾野剛、舘ひろしが初共演を果たした映画『ヤクザと家族 The Family』が1月29日に全国公開となりました。本作は第43回日本アカデミー賞で主要3冠に輝いた『新聞記者』の制作スタッフが再度集まり、現代ヤクザの実像を3つの時代とともに描く壮大なエンターテインメントとなっています。

小宮山莉渚(15)

小宮山莉渚(15)

 本作には、綾野剛の娘役・工藤彩として、新進女優の小宮山莉渚さん(15)が出演。三井不動産レジデンシャルやソフトバンクの『ドラえもん』シリーズ(しずか役)など、多くのCMで活躍してきましたが、映画は初挑戦。ベテラン勢を前に、堂々たる演技を披露しています。

 もともとは実姉のすすめで芸能活動を始めたという小宮山さんは、現在、中学3年生。本作の撮影に参加したことで、早くも社会人としての自覚が生まれ、女優を仕事にしていくことを決心したそうです。今回は仕事への想いや夢に迫りました。

何もかも初めてだった撮影現場

――初めての映画出演だそうですが、撮影はどうでしたか?

小宮山莉渚(以下、小宮山):本当に何もわからないまま現場に入ったので、最初はものすごく緊張していました。一番年下だったので、大人の方々が優しく接してくださり、みなさんのおかげですごく楽しく撮影することができました。

――初めての映画の現場で驚いたことは何ですか?

小宮山:俳優部、照明部と、部でわかれていることにまずびっくりしました。そのくらい、映画の現場のことを何も知らなかったので。

――演じた工藤彩というキャラクターは、どう役作りしたのでしょうか?

小宮山:役作りの方法もわからなかったので、藤井道人監督から「いくつか映画を観てください」とアドバイスをいただきました。それを観て、自分なりにどういうふうにすればいいのか考えて、彩ちゃんと一緒に作っていきました。『デイアンドナイト』や『トイレのピエタ』などを観ましたが、今まで自分が出会ったことがないタイプの映画ばかりで、新しい発見が多くて楽しかったです。

共演者に両親がヤキモチを…

『ヤクザと家族  TheFamily』より

『ヤクザと家族 TheFamily』より

――綾野剛さん、尾野真千子さんなど、豪華キャストのみなさんと共演してみてどうでしたか?

小宮山:お二人を初めて観たのが朝ドラの『カーネーション』で、この作品が人生で始めて観た朝ドラなんです。そのお二人が自分のお父さん役、お母さん役ということで、驚いたし、すごく興奮しました。わたしの本当の両親が「こんなに素敵なお二人がお父さんとお母さんを演じるなんて」と、ちょっとヤキモチを妬いていたくらいでした(笑)。

――ソフトバンクのCMでは堺雅人さんなどとも共演されていますよね。

小宮山:はい。最初は緊張でカチッとなっちゃったんですけど、堺さんをはじめ、みなさんにお話をふっていただいたりして、リラックスできました。わたしはすごく緊張するんですけど、徐々にほぐれていくタイプみたいで、これからの仕事に活かせたらなって思っています。

おすすめ記事