bizSPA!フレッシュ

「吉野家」の看板はなぜオレンジ色なのか?きっかけはアメリカ視察

ビジネス

「黒い𠮷野家」はなぜ生まれたのか?

𠮷野家

「𠮷野家 大井町西口店」。「オレンジの𠮷野家」とは異なるシックなエントランスで記念撮影をする人も多い(撮影/大西良典)

「𠮷野家」にも、近年は見慣れたオレンジ色ではなくブラックをベースにした「黒い𠮷野家」が各地に登場しています。テレビやネットで話題になったこの「黒い𠮷野家」は、看板をオレンジから黒にしただけでなく、居心地を重視した空間デザインに刷新。「C&C(クッキング&コンフォート)」をコンセプトにしたモデル店舗として生まれました。

 第一号の「黒い𠮷野家」が東京・恵比寿にできたのは、私が手掛ける以前の2017年。しかし、株式会社𠮷野家ホールディングスの社長と会長を歴任した“ミスター牛丼”こと安部修仁氏は、さらによりよくしたいと外部の設計士に依頼するよう相談されたそうです。それを受けて、𠮷野家のアルバイトからトップに上りつめた現・𠮷野家ホールディングス代表取締役社長の河村泰貴氏が、「もっとスタッフが効率よく作業できるデザインに変えてほしい。もっと若いターゲットに訴求するデザインに変革してほしい」と、直々に私をご指名くださったのです。

 別案件のデザインコンぺで私が𠮷野家の歴史を表現した映像をプレゼンしたところ、河村社長と役員の方々が大変感激され、「牛丼屋をよく知っている大西君に『黒い𠮷野家』のデザインをお願いしたい」と言われたのです。

「黒い𠮷野家」に取り入れた要素とは?

𠮷野家

𠮷野家 大井町西口店

「黒い𠮷野家」は、誰もが知っているシンボルカラーの「オレンジの𠮷野家」に対する一種のチャレンジングな実験的存在です。変えるなら、「えっ、これがあの𠮷野家!?」と誰もが仰天するようなデザインにしようと私は考えました。

「黒い𠮷野家」に私が取り入れたのは、インダストリアルデザインの要素です。壁や天井はオフホワイトを基調にし、黒いアイアン素材のアイテムをアクセントに使いました。木材のインテリアやグリーンのナチュラルなテイスト、優しいトーンのファブリックをあしらうことで、カフェのような雰囲気にデザインしました。店内写真だけを見れば、誰もこれが𠮷野家だとはまず思わないでしょう。

 あたりが暗くなると、黒ベースの看板にオレンジのロゴマークと白文字の店名が夜景にくっきりと浮かび上がり、ひときわインパクトがあります。現在、全国約30か所に「黒い𠮷野家」が進出して各地で話題になり、今後さらに増えていく予定です。

コロナ危機を生き残る飲食店の秘密

コロナ危機を生き残る飲食店の秘密

チェーン店デザイン数日本一の著者が、店舗設計の膨大な実証データに基づき、集客率・回転率・競争力・収益性を上げて繁盛店に導くデザインの秘密がこの一冊に

おすすめ記事