19歳になった「子ども店長」加藤清史郎が、“一人の俳優”として考えたこと | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ