bizSPA!フレッシュ

女性向けのキャリア情報を発信「パラナビ」編集長が語る、“実践的”副業論

キャリア

 副業のきっかけは人それぞれ。出版社で正社員として働く岡部のぞみさんは、ビジネスコンテストで優勝したことを機に、ウェブメディア「Paranavi(パラナビ)」をスタートし、編集長に就任しました。

副業

副業でウェブメディア「Paranavi」編集長を務める岡部のぞみさん

Paranavi」は副業やパラレルキャリアなど、新しい働き方に関するインタビューや実践するためのノウハウを発信している女性向けメディア。

「軽い気持ちで応募した」というビジネスコンテストがいつしか本気に。3度の挑戦を経て、どのようにしてウェブメディアを運営することになったのか、お話を聞きました。

出版社で働きながら副業もスタート

――まずは本業のキャリアについて教えてください。

岡部のぞみさん(以下、岡部):出版社で広告ディレクターをしています。これまで3度転職しており、今の会社は今年で3年目です。新卒でも出版社へ入社していて、そのときは女性週刊誌や女性月刊誌の編集者をしていました。その後、転職し、IT企業で動画メディアの立ち上げなどを担当して今に至ります。

――いつ頃から副業をしていましたか。

岡部:3社目の時くらいから単発で、レポーターやライターといった仕事を頼まれることがありました。

 また、出版社からIT企業への転職は珍しかったからか、知り合いのベンチャー企業から声をかけていただき、メディア立ち上げのアドバイザーなどをすることもありました。しかし、あくまでお手伝い程度で「ガッツリ副業をしたい!」というわけでもなかったんです。

元上司の一声でビジコンに挑戦

副業

女性向けメディア「Paranavi」。新しい働き方に関するインタビューやノウハウを発信 ※画像は公式サイトより

岡部:今の副業をすることになった大きなきっかけは、ビジネスコンテストへの参加です。前職の上司が外資系の高級時計ブランドと共同で女性を対象にしたビジネスコンテストを主催したのですが、その際、「応募してみたら?」と声をかけてもらいました。

 女性誌の編集者をしていたときから漠然と、いつか女性の価値観や働き方を変えるような仕事がしたいと考えていたんです。その第一歩になれたらと思い、興味がありそうな友人2名を誘って応募しました。

――ビジコンへの挑戦。結果はいかがでしたか?

岡部:審査員の中に知り合いの方もいたので、「優勝できるのでは?」と淡い期待をしていたものの、最終審査で落選。悔しかったので、同じメンバーで翌年も応募しました。しかし、また最終審査で落ちてしまって……。

おすすめ記事