bizSPA!フレッシュ

1冊30分で読めて忘れない。速読とは違う、仕事ですぐ使える読書法

キャリア

 新型コロナウイルス対策として、多くの企業でテレワーク、そしてWeb会議が導入されました。必然的に会議のかたち、発言の価値も変わってきます。オンラインでは顔が見えない分、「何を話すか」「どう話すか」が重視されるのです。しかし、話す内容を支える知識や経験は、一朝一夕にインプットできるものではありません。

テレワーク

※画像はイメージです(以下同じ)

 手っ取り早く確実にインプットを増やす方法は「読書」です。そこで、忙しくて大量の本を読みこなすのはムリと諦めている人や、読んだ本の活かし方が分からないという人に、『死ぬほど読めて忘れない高速読書』(アスコム)の著者でマーケティングコンサルタントである上岡正明さんに、読書術を紹介してもらいましょう。
 上岡さんが考案したこの読書術を、自身が12年間実践しているそうです。

1冊の本を30分で3回読む

――いわゆる「速読」とは違うのですか。

上岡正明(以下上岡):「高速読書」では、1冊につき3回分の読書を合計30分でこなすのです。1冊の本を30分で読み終えるのですから、一般的な読書に比べれば十分に速いペースで本を読んでいくことができますよ。

「速読」では、目を速く動かすために眼筋を酷使する訓練をしなければならなかったりします。しかし、そんなことをしたら、脳だけでなく、目までおかしくしてしまいます。それに、脳科学の分野では1冊3分の速読では本の内容を記憶できないという研究結果も出ています(※2016年カリフォルニア大学による論文)。

 その点、「高速読書」は、特別なレッスンやトレーニングは一切必要ありません。私は、皆さんに決してムリをせず、読書をビジネスに活かしてほしいと思っています。

記憶に残るだけではなく、アウトプットも

読書する男性

――とはいえ、本当に記憶に残るんですか……?

上岡:記憶に残るだけではなく、すらすらアウトプットできますよ。「高速読書」は、脳科学の最新研究をベースに、私が考案した画期的な読書法です。読んだ本の中身をしっかり覚えて、それをビジネスやコミュニケーションの場で活かせたら、周囲の評価もグッと高まるはずです。Web会議は絶好の機会ではないでしょうか。

「高速読書」で最初にやるべきことは、「目的を持つ」ことです。目的を明確にする。これで、脳を味方につけることができます。

ハッシュタグ

おすすめ記事