bizSPA!フレッシュ

ブログ運営で50万円の副収入も。一発逆転できる“2大高額副業”

マネー

 コロナウイルスの影響で収入減に悩まされている人も多いだろう。世界恐慌の足音すら聞こえ始めた今、1円でもお金が欲しいと思うのが正直なところだ。そこで即金性の高い副業を多角的に大調査。その実態を探った!

副業

3泊4日で7万円、9泊10日で19万円など、多くの治験に参加してきたM岡さん。「規約上、治験は3か月に1回しかできないのが残念」

狙い目はジェネリック!治験バイト

直近の治験報酬は、2泊3日の入院×3回で17万円でした」と語るのは大学講師のM岡さん(36歳)。昔から高額バイトとして根強い印象の治験だが、今も健在だ。

「治験サイトに登録すれば、誰でも参加は可能です。僕は高額報酬狙いなので長期入院が多いですが、2泊3日の短期募集もあります」

 気になるのは健康面だが……。

「投薬リスクを気にする人も多いですが、定期的に検査をするのでむしろ体調はいいです。不安な人はジェネリックの治験を。これは第三相試験という健康体で行う最終検査なので、安全性が高いです」

 募集に応募し、検査を経て入院。応募から報酬が出るまでには数か月必要だが、入院中検査以外の時間は自由に過ごせるのも魅力。とはいえ、リスクはゼロではないので、くれぐれも慎重な判断を。

不労所得化も可能。ブログアフィリエイト

副業

画像はのんくら氏が趣味で運営している雑記ブログ。更新頻度は低いが、広告収入が月に2万円程度は入るという

 コロナ禍でアフィリエイトのトレンドも様変わり。建設業の傍らアフィリエイトで月収50万円を稼いだのんくら氏が語る。

「今は宅飲み家電など、コロナの影響で役立ちそうな情報などは引きがあります。無料で使えるアメブロを開設、アドセンスを貼ったら、それらの記事を毎日更新すれば1か月で月収1万円程度にはなる。そのなかで特に人気が出るテーマがあれば、そこに特化したブログを作っていきます」

 アフィリエイトにはまだ夢があるとも。

「ブログを更新し続ける人は、今で全体の5%。続けられる人なら、全然遅くない。1テーマに絞って100記事書いたブログが、多い月には50万円稼ぐこともあります」

 自宅作業の合間にブログを更新。最初の収益は少なくとも大きく化ける可能性は大。日々続けることで金のなる木は確実に育つのだ。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

おすすめ記事