bizSPA!フレッシュ

最新「iOS13.5」がリリース。マスク着用時のロック解除がスムーズに

ガジェット

コロナ接触追跡アプリ、日本でも活用される?

 さらにアップルとグーグルが新型コロナ対策として共同開発した、コロナ接触追跡アプリに対応するAPIがリリースされました。このアプリは、Bluetoothを利用して濃厚接触者を追跡調査し、感染者と接触した可能性のある人に通知ができるというもので、2020年4月に開発が発表されていました。

 このアプリは世界の政府や公的保険機関が利用できるとされており、日本を含む22か国とアメリカの多くの州政府がAPIへのアクセス権を受け取ったそうです。日本でも実用化に向けた方針が決められています。

 日本では現在、クラスター対策として保健所が感染者への聞き取り調査を行っていますが、もしこのアプリが導入されれば多くのマンパワーを追跡調査に割く必要がなくなるでしょう。

アップデートする上での注意点

ios13.5

 iOS13.5のアップデート方法を解説します。

1.「設定」アイコンをタップ
2.「一般」→「ソフトウェア・アップデート」へと移動
3.「ダウンロードとインストール」をタップして完了

※アップデートには4G環境ではなく、Wi-Fiへの接続が必要です。

 特にいつも通りのアップデート方法と変わりません。ただし、iOS13.5はまだリリースされたばかりなので、今後アップデートに伴うバグが報告される可能性もあります。くれぐれも自己責任で行うようにしましょう。

 アップデートによるバグが心配な人は、まずはメイン機以外でアップデートしてみる、アップデートを保留して追加の情報が出るのを待ってみるなどの判断をすると良いでしょう。

<TEXT/bizSPA!取材班>

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

12

おすすめ記事