伊藤沙莉、25歳のブレイク女優が明かす「仕事人として大切にしていること」 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

伊藤沙莉、25歳のブレイク女優が明かす「仕事人として大切にしていること」

子どもたちが私をケロ先生にしてくれた

ステップ

――最悪? なぜですか?

伊藤:だって、それこそステキな役者さんばかりがいらっしゃって、でも映画で演じる自分はそれを超えなきゃいけないわけです。自分にしかできないケロ先生で。オーディションとかでもそうですが、ほかの人がやっていることはやりたくなくなるんです。役をやらせていただくときには、常に、私だからという意味を残したい。だからワークショップを見に行ってしまった分、選択肢が奪われていくので、そそくさと帰りました。リハまでは不安でしたね。

――とてもステキなケロ先生でした。

伊藤:美紀ちゃん役の中野翠咲ちゃんがカメラの回っていないときに、「ケロ先生、ここに来て」とか「ケロ先生、これ見て」と言ってくれたとき、すごく嬉しかった。翠咲ちゃんや保育園の他の子たちが、「ケロ先生」と呼んでくれることで、ケロ先生になっていけた気がします。

――脚本の時点で泣いた作品の出来上がりをご覧になっていかがでしたか?

伊藤:書かれていないこともたくさん起きているし、現場で生まれたものもあるだろうし、さらに上回るものになっていました。携われて本当によかったし、その作品が、自分がすごく好きな作品のひとつになるのは幸せです。

主演の山田孝之と、子役の印象

ステップ

――今回、山田さん演じる健一の娘・美紀ちゃんを、3人の子役が演じています。子役出身として、子役が活躍する映画を観るときに、何か特別な意識はありますか?

伊藤:ないです。シンプルにすごく上手だなと思いますけど。私が小さかったときも、神木隆之介さんとか、志田未来さんとか、すごい人はいっぱいいましたが、今はどんどんレベルアップしている気がします。作品を観ているときは入り込んでいるので感じませんが、観終わってから、「やっぱりすごいな、選ばれた子たちだな」と思いますね。

――後輩たち、頑張ってるな、みたいな気持ちは。

伊藤:全くないです! 末恐ろしいな、すごいなと思うだけです。山田さん本人は無自覚だと思いますが、全然違います。表情とか放っている空気とか。『全裸監督』のときはやっぱり近寄りづらくて。

 でも、話しかけると「ワ~」とお話する感じでしたが、今回は、穏やかだけれど寂しそうな感じもあって、こちらが話しかけたくなる感じでしたが、穏やかに「あったかいね~」みたいな話しかしませんでした。

おすすめ記事