bizSPA!フレッシュ

入社初日から謝罪電話の日々。コロナ禍で不運すぎる新人たち

キャリア

 感染者が増え続けている新型肺炎。春から出社予定だった新社会人にも、大なり小なり影響を与えています。会社によっては入社を1か月遅らせるような措置も行われ、社会の混乱は日に日に増す一方。

新入社員

※画像はイメージです(以下同じ)

 そんな中、つい先日入社したばかりの相田省吾さん(仮名・22歳)は事前に思い描いていた社会人生活からどんどん遠ざかっていってしまっているようです。

スタートダッシュを切るはずが…

 この春から都内のインテリア雑貨を扱う企業に入社した相田さん。新型肺炎が騒ぎになる以前から、入社に向け準備を着々と進めていたようです。

「僕はなんでもマニュアルに頼る癖があるんです。入社1年目の立ち振る舞い方や、飲み会でのマナーなんて本も何冊も読み漁っていました。小人数のアットホームな社風ということもあり、初日に予定されていた新入社員の歓迎会で何とか先輩方に気に入られようとしていたんです」

 不安を抱えつつも入社初日である4月1日を迎えた相田さんは、入社式の後で人事部から思いも寄らない話をされたそうです。

「予定されていた歓迎会が中止になったんです。後で聞いたら先輩社員の方々からすればこのご時世としては当然だったようですが、学生気分だった僕たち新入社員は『歓迎会くらいは決行される』と思っていました。世間の動きを何も知らず、せっせと飲み会での小ネタを用意していた自分がなんだか情けなくなりました」

おすすめ記事