bizSPA!フレッシュ

“世界で最も成功した”プロデューサーが語る「成功への道はハードワーク」

成功への道は、とにかくハードワーク!

ジェミニマン

――「映画は極上の娯楽である」とお考えだそうですが、そうした映画を大ヒットさせてきた、ビジネスマンとしての信念を教えてください。

ブラッカイマー:まず、映画は極上の娯楽だというのは、あくまでも自分にとってだ。人によってはそれが音楽であり、スポーツであったりもするだろう。自分にとってはそれが映画だということ。

 ビジネスマンとしての信念は、ハードワークしかない。仕事に熱心で、懸命に努力すること。私が大学を卒業して、最初に仕事を始めたとき、メールルームの担当だった(コマーシャルを手掛ける以前)。

 そこで、たとえば土曜日の深夜に届け物をするとなったときに、他の人が、「サッカーの試合があるから」「デートがあるから」と断っているところを、私は「率先してやります」と言って自発的に動いてきた。

――ご自身はもちろん、『ジェミニマン』でのアン・リー監督、ウィル・スミスを含め、これまでに多くの成功者たちと仕事をされてきました。成功者の共通点を教えてください。

ブラッカイマー:やはりみな、ハードワーカーだね。とても長い時間、多くのエネルギーと多くの努力を費やしている人たちばかりだ。そしてもちろん、自分の仕事を心から愛している。努力をして身を捧げる。なおかつ運も持っている人たちだね。

映画を映画館で観るべき理由

ジェミニマン

――本作しかり、映画の映像技術がどんどん進化しています。また、配信サービスが盛んになり、映画は家で観るという人もいます。映画界の先頭を走るブラッカイマーさんの考える、映画を映画館で観ることの意義を教えて下さい。

ブラッカイマー:見知らぬ人たちと体験を共有できること。それが大きい。劇場の中で笑いは感染する。笑いだけでなく、感情、感動も移っていく。

 特にオープニングウィークエンドなんかは、観客の熱をはっきりと感じることができる。その熱が私にも感染する。そうした空気というのは、やはり映画館でしか得られないものだと思うよ。

<取材・文/望月ふみ>

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異

【公開情報】
ジェミニマン』は全国公開中
(C) 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

12

おすすめ記事