bizSPA!フレッシュ

出会い系アプリで美女と知り合ったら…自宅に呼ばれて顔面蒼白した話

コラム

「もしもし? もうついた? 手あげてもらえる? あっ、いたいたー!」

 夜の8時。ここは中目黒の駅前。喫煙所でタバコを吸い終えた松本マサキさん(仮名・24歳)は、待ち合わせ場所である中目黒GTタワー前で、スマホをいじっていた。

 お相手は、さきほどまで某有名マッチングアプリで連絡をとっていた、年上の田村りおさん(仮名・28歳)。アプリをタップし、「ついたよー!」とメッセージを送る。

マッチングアプリを使って、現れたのは美女

中目黒駅前

松本さん(仮名)が女性と出会った中目黒駅前

 先輩とマッチングアプリを使い、3か月間で何人と会えるかという勝負を初めたのは3か月前。

 期限ギリギリで押し込んだ今日の日。前述の女性とマッチングしたのは1週間前、メッセージのやりとりは100回を超え、なんとなく人となりはわかっていたつもりだった。

 メッセージが既読になったかと思うと、前に登録した田村さんの電話番号と名前がiPhoneの画面を覆いブルブルと震えた。

「改めて会うとちょっと緊張しますね…(苦笑)」(松本)

「そうですか?(おっ……写真よりかわいい)」(田村)

「とりあえず、あっちいきませんか?」(松本)

 と言いながら、彼女は中目黒駅の方向を指差す。中目黒GTタワーを背にし、駅前の人混みをかき分け、直進する。

「身長高いんだねー」(田村)

「180センチちょうどです!」(松本)

「へー、たかーい!」(田村)

「あざす(笑)」(松本)

 芸能事務所の前を通り過ぎ、焼肉店の看板を横目に、さらに先へ。某オーガニック系コンビニを通り過ぎた少し先にある、こじんまりとしたワインのお店に入った。

中目黒

中目黒の通りをすぎて彼女の指定するお店に……

「ここ来たかったんだよねー」(田村)

「素敵なお店ですね!何飲まれます?」(松本)

「んーっと……」(田村)

「(メニューを眺める)」(松本)

 産まれた場所から、仕事、交友関係、過去の恋愛と、他愛もない話をつづけ気づくと3本目のワインが半分以上なくなっていた。

「松本くんは、夢ってあるの?」(田村)

「夢……? んーそれは次で(笑)」(松本)

「このあとどうしよっか? ……ねぇ、ウチ近いんだけど、今から来こない?」(田村)

12