bizSPA!フレッシュ

AIスピーカーは進化する!「次世代スマートハブ」を体験してみた

ガジェット

 昨年末から一斉に登場したAIスピーカーをはじめ、やたらと耳にするようになったスマート家電。スマートホームハブとはそれらをつなぎ、ネットワークで連携させるための製品で、広義ではGoogle HomeやAmazon Echoもスマートホームハブの一種。

 しかし、例えばGoogle Homeは、ChromecastやChromecast built-in対応製品の操作を音声で行うことができるが、Googleに対応しないスマート家電も数多くあり、そのままでは、できることに限りがある。これはAmazonの場合も同様だ。

 そこで、より多くの製品をネットワークするハブとして導入したいのがスマートリモコン。従来の赤外線リモコンで操作できるエアコンやテレビ、照明などの製品も、コレを使えばAIスピーカーからの音声操作が可能になる。今回はGoogle Home、Amazon Echoの両方に対応する製品を紹介しよう。

設定もシンプルな家電リモコン「RS-WFIREX3」

スマートハブ

家電リモコン「ラトック RS-WFIREX3」

 1つ目はスマホから簡単に設定ができる家電リモコン「ラトック RS-WFIREX3

 あらかじめさまざまなメーカーの機器のリモコン信号がプリセットされ、操作したい製品を選ぶだけと簡単。手動でのリモコン信号登録にも対応するので、幅広い製品が本機から操作できる。

音声でさまざまなリモコン操作が可能に

スマートハブ

アプリから本体をWi-Fi接続後、ログイン。接続完了後はリモコン登録を手動で行える。ユーザーが公開している設定も利用可能

 スマートスピーカーとの連携はアプリから行える。あらかじめスマートスピーカーを設定しておき、同一Wi-Fiにリモコンを接続してリンクさせれば、音声でさまざまなリモコン操作が可能になる。

AIスピーカーとアプリをリンクできる

スマートハブ

「家電リモコン」アプリで検証コードを入手後、「Google Home」アプリで本機をリンク、再度「家電リモコン」アプリでログインを行えば準備は完了

 スマートスピーカーを買ったものの、最近出番が少ない……という人には、ぜひ試してほしい機能だ。

12