bizSPA!フレッシュ

元暴力団の異色俳優が20代に喝!「バカの“二極化”が進んでいる」

コラム

「どこの誰ともわからない死体が運ばれて来て、その処理を強制的にやらされているヤツがいた」
「ヤクザになって、タコ部屋での軟禁生活が20年間続いた」
「アルコールに溺れた母親に、包丁で刺されたりして、虐待を受けていた」

 元ヤクザというガチンコな経歴を持つ俳優、或布理萬(あるふ・りまん)氏(45)。

或布理萬

元ヤクザの俳優・或布理萬氏

 冒頭の衝撃の半生を赤裸々に語ったインタビュー記事は20万PVを超え、とあるニュースサイトでは1000件のコメントがつき、「さすがに死体処理に関わってたらヤバい」「過去の不正行為によって利益を得れることは許されない」「記事を読んでいて目頭が熱くなってしまった」など賛否両論を巻き起こした。

 現在は20年近く身を置いた裏社会との関係を完全に断ち切り、IT系の会社経営をしながら、今年4月から放送中のドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)への出演も果たしている。今回、そんな或布氏に20代のビジネスマンに向けたアドバイスをお願いした。

或布理萬が今の若者に物申したいこと

――或布さん! 今時の若者、特に20代に対して言いたいことがあるそうですね?

或布理萬(以下、或布):はい。僕はこう見えて、何事にもガツガツ主張しない小心者なんです。ですけども、タレント業で或布理萬の名前が少しずつ知れ渡るにつれ、根拠のないガセネタも散見されるようになりました。どれもくだらない噂話に過ぎないので、いちいち取り合うつもりはありません。むしろメディアで発信させてもらえるなら「もっと有意義なことを語りたい」と、真面目に思った次第です。

――なるほど。それで若者たちに何を伝えたいのでしょうか。

或布:僕が思うに、今の若者は総じて二極化が進んでいるような気がします。あえて呼称を付けるとすれば、「勉強のできるバカ」と「勉強のできないバカ」です。

――どういうことです?

或布:まず、勉強のできるバカとは、つまり学歴があって頭も良いのですが、コネクション作りが苦手な若者のことです。要するに、人の良し悪しが見抜けないタイプ。なまじ勉強ができる分だけ、運悪くタチの悪い大人に遭遇してしまうと、都合よく利用されてしまって道を踏み外してしまう。

 最近だと、特殊詐欺の事件でヤクザといっしょに関東の某有名大学に通う現役大学生が逮捕された事件がありましたよね。あれは、勉強のできるバカな若者がやらかした典型パターンと言えます。

1日中「空から金が降ってこないか」考えているバカ

或布理萬

バカな若者が「ビジネスの需要と供給」を生み出している

――ほうほう。

或布:それで、勉強のできないバカとは、やる気がなくて、向上心もない。1日中「空から金が降ってこないかなあ……」と妄想しているタイプ。

 勉強が苦手で頭の回転も悪いので、仮に、運良く儲かるビジネスのノウハウをゲットできたとしても実践できる能力も人脈もありません。つまり、半永久的に人生の負け組街道を突き進む感じです。

――僕はどちらかと言うと「勉強できないバカ」のタイプでしたね(笑)。

或布:あらら、そうですか(笑)。それで面白いのは、この2種類に当てはまる若者が「ビジネスの需要と供給」を生み出しているんですよ。わかりやすく例えると、勉強のできるバカが胡散臭い商法商材を作って売りつける“供給側”、勉強のできないバカがそれをホイホイ買っている“需要側”という構図です。