bizSPA!フレッシュ

オバマ元大統領も登壇。世界一の影響力を持つ「カルチャーイベント」とは?

ビジネス

複合カルチャーイベントは他にあるのか?

 SXSWの主柱は今でも「音楽」「映画」「インタラクティブ」だが、現在ではゲームのコンペティションや政治や教育関連のディベートも行われるようになった。

 オースティンの街全体がイベント会場と化し、街のいたるところでライブやトークショー、試写会、ワークショップが行われ、ビジネス目的ではない観光客も毎年大勢訪れる。ちなみに、昨年2018年の来場者数は約7万5000人、経済効果は3億5000万ドルだった。

 今回の執筆にあたって他のカルチャーイベントについて調べてみたが、ここまで大規模で、しかもジャンルレスなカルチャーイベントは世界広しといえども、他に類がないようだった。

 特定ジャンルに限られたイベントなら、映画はフランスのカンヌやイタリアのベネチア映画祭、ゲームショーはロサンゼルスの「E3」、家電見本市はラスベガスの「CES」が有名。音楽ビジネスなら、カンヌで行われる「MIDEM」や英ブライトンビーチの「The Great Escape」が知られている。

来場者数は急増!日本の類似カルチャーイベント

幕張メッセ

「東京コミコン」会場、幕張メッセ

 近年、東京でも開催されている「コミコン」は、コミック、アニメ、映画、ゲームとマルチジャンルに対応するが、一般客を喜ばせるのが主な目的でB2B的な意味合いは薄い。

 出版営業を担当する知人に聞いてみても、「ニューヨークやサンディエゴのコミコンに行くのは完全に視察目的。商談は別の機会に設けている」という答えが返ってきた。

 ただ、11月30日~12月2日の3日間開催された「東京コミコン2018」の来場者数は約6万3000人と過去最多だった。前回の来場者数が約4万2800人を大きく上回る動員となった。また、これらのイベントは限定した会場内で行われる点でも、街ぐるみで行われるSXSWと大きく違ってくる。

 そんななか、「SXSWよりサンダンスのほうがクール」という今年1月の「Forbes」の記事が目についた。数年前になるが、MTV.comでも「SXSW vs サンダンス」をテーマに2人の映画評論家が議論を戦わせている。

SXSWが「雪国の映画祭」と比較される理由

 ここでサンダンスと呼ばれているのは「サンダンス映画祭」のことで、毎年1月に米ユタ州の雪深い街、パークシティで行われるフェスティバルを指す。映画に特化してはいるが、若手クリエイターを応援・育成し、街全体がフェスティバル会場となる点でSXSWと類似している。

 さらに近年は、買い物宅配代行サービスの「Postmates(ポストメイツ)」やマッサージ予約アプリの「REME」などスタートアップ企業が会場周辺でサービスを提供し、「Dropbox」や「Adobe」などがプロモーションのためにスタジオを設けるなど、テックビジネスの映画祭への食い込みも目立ってきている。

 ただ、セレブだけでなくオバマ元大統領やバーニー・サンダースなど政治家が登壇してディスカッションを行い、参加者にネットワーク作りの場所を提供するSXSWは、やはり規模・内容ともに他のイベントと一線を画す。

 大きくなり過ぎたがゆえに「インディースピリットが薄れてきた」「SXSWではもはや商談を成立させることは不可能」という声も聞こえてくるが、世界最大規模の複合型カルチャーイベントであることは間違いないようだ。

<TEXT/橘 エコ>

アメリカ在住のアラフォー。出版社勤務を経て、2004年に渡米。ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中

12

ハッシュタグ

おすすめ記事