bizSPA!フレッシュ

「上司に薦められた本」実際に読んでいる人、どれくらいいる?

キャリア

 昨年は何冊の本を読みましたか?

読書

※画像はイメージです(以下同じ)

 楽天株式会社が運営するオンライン書店「楽天ブックス」は、管理職400人、役職についていない20代前半の若手社員300人の計700人を対象に「上司と部下の読書事情に関する調査」を実施しました。

管理職、若手共に2019年の目標トップは「貯金」!

sub7

提供:「上司と部下の読書事情に関する調査」(楽天株式会社)

 まず行った「2019年の豊富や目標」について調査したアンケートでは、全体でのトップは「貯金をしたい」(48.3%)、続いて「読書をしたい」(32.1%)、「趣味を増やしたい」(31.7%)という結果となりました。

 役職別に見ると、管理職、若手社員ともにトップは「貯金をしたい」でした。しかし、管理職は39.3%に対し若手社員は60.3%と高い結果が。また、「読書をしたい」との回答は管理職、若手社員ともに3割超。

 ビジネスマンは読書に関しての意識が高いことが伺えます。

「2018年の読書量」月に1冊未満が全体の約6割に

sub1

提供:「上司と部下の読書事情に関する調査」(楽天株式会社)

 2018年の読書量を聞いたアンケートでは、全体の60.8%が月に1冊未満と回答。読書をしたいという意識はあっても、実際にはなかなか読めていないというのが現状のようです。

 月に1冊以上読書をしている層を役職別に見ると、管理職が41.6%、若手社員は36.0%と管理職のほうが少し高いポイントが出ました。