『ザ・ノンフィクション』は日常茶飯事…ネットで話題の“結婚請負人”を直撃 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

『ザ・ノンフィクション』は日常茶飯事…ネットで話題の“結婚請負人”を直撃

 生涯未婚率が増加の一途をたどる昨今、「餅は餅屋」とばかりに結婚相談所に駆け込む人は少なくありません。それなりの料金を払うことになるので、当然コンバージョン率は高いほうが望ましいわけですが、婚活業界には“結婚請負人”ともいえる人物が存在するのです。

植草美幸

結婚相談所「マリーミー」代表の植草美幸さん(中央)

 それが結婚相談所「マリーミー」で代表を務める植草美幸さん@uekusa_miyuki)。「業界平均15%」(植草氏談)といわれる成婚率において、結婚相談所マリーミー全体では60%、自身の担当する「植草美幸コース」では80%の成婚率を誇っています。

『ザ・ノンフィクション』で話題に

 2022年1月に2回に渡って放送された『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)の「婚活ミナミさん」。豊富な経験と知見を活かして、的確なアドバイスを送っていた姿も記憶に新しいはずです。

 今回は2022年10月に『結婚の技術』(中央公論新社)を出版した植草さんを直撃。前半となる本記事では、普段の業務内容から『ザ・ノンフィクション』の反響まで、気になる所を掘り下げて語ってもらいました

婚活アドバイザーは「仲人の進化型」

植草美幸

──婚活アドバイザーとは具体的にどんな仕事なのでしょうか?

植草美幸(以下、植草):昔で言うところの仲人さんですね。仲人さんは、年頃のお嬢さんがいたら「私、良い人、知ってるから紹介しますね」と写真付きの身上書(釣書。一身に関する事柄を書いたもの)とかを持ってくるんです。これの進化型が婚活アドバイザーだと思っていただければと。大手の場合、1人の担当が300人以上を抱えることもあるので、会う日程を決めるだけだったりしますが、弊社では相手探しも行いますね。

──どのように相手を探していくのでしょうか。

植草:当然、簡単には決まらないので、素性やバックグラウンド、好み、将来性、資産などの項目から質問を30~50問を聞いて、プロフィールを作って写真を撮ります。質問ではどんな人を求めているかを聞きますが、どんな人が自分にふさわしいのか、わからない場合も多いですね。

 そんな人に対しては、相手を選んで導いています。でも、誰でも好みがありますので、表面的な情報では相性がぴったりそうだったから会ってみたけれど、「会話が弾まない」「考えかたが違う」という状態になると、またゼロからのスタートになりますね。

結婚の技術

結婚の技術

本書は結婚相談所で1000組以上の実績を持つ婚活カウンセラーである著者が、現場やメディアで実際に反響を呼んだ効果的な言葉を、自らの持論とともに届ける1冊。学校では教えてくれない “良好な人間関係を築く極意”を身につけましょう。

ハッシュタグ

おすすめ記事