ラバーガールが語る『エンタの神様』特殊な収録現場と、コロナ禍でのコントライブ | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ラバーガールが語る『エンタの神様』特殊な収録現場と、コロナ禍でのコントライブ

 今や芸能人もSNSを駆使して活動を行う時代。芸人のYouTubeチャンネルやTikTokはたびたび注目を集めている。そんななか、2021年11月にTikTokを開設して2か月弱で15万超フォロワー数を獲得した、お笑いコンビ・ラバーガールの大水洋介さん(39)と飛永翼さん(38・@tobinaga

ラバーガール

ラバーガールの大水洋介さん(右)と飛永翼さん

【画像をすべて見る】⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

 一世を風靡したお笑い番組『エンタの神様』にも出演しており、そのシュールで淡々としたネタには固定ファンも多い。また、キングオブコントでは2010年と2014年に決勝に進出しており、実力派コント師との呼び声が高い。

 インタビュー前半では、多種多様なバラエティ番組やエンタメコンテンツが生まれる中で、ネタを作り続ける2人に、TikTok開設の背景やネタづくり、賞レースへの意気込みを語ってもらった。後半では、2人の単独ライブやドラマでの活躍、『エンタの神様』出演について焦点を当てていく。

バラエティよりドラマ?

――2人はドラマにもたくさん出られている印象があります。

大水洋介(以下、大水):そうですね。ここ数年はバラエティよりもドラマの現場に行っているほうが多いんじゃないかな(笑)。性格的に、たくさん芸人が出ているバラエティで「どうしても目立ちたい!」という気持ちになれなくてずっと悩んでいたんですよね。

 でも、ドラマって決められた自分のセリフがあるじゃないですか。その決められたセリフの中でどう印象に残る演技をするかっていうのを考えるほうが自分は向いているってことに数年前に気づきました。

飛永翼(以下、飛永):バラエティの苦手意識はありますよね。番組の打ち合わせで「最近なんかびっくりしたことありますか」とか聞かれるんですけど、ないじゃないですか、普通に生活してたら(笑)。

 それがやっぱり本番になっても引き出せない。生活を改めて、面白いことを意識的に探さなきゃバラエティでは生きていけないんだ、と思うんですけど、そうなると演技の仕事のほうが、突きつめがいがあるなと思います。あとちょっと現場でちやほやされたり(笑)。

今の芸人はナチュラルさが武器

ラバーガール

大水洋介さん

――ドランクドラゴンの塚地武雅さんや東京03さんなど人力舎の芸人さんはドラマでの活躍がよく見られますが、芸人の先輩にドラマ現場でのアドバイスをいただいたことはありますか?

大水:今野(浩喜)さんが以前「びびってたらずっとよそよそしい感じで終わるから、俺は現場では基本共演者にタメ口でいくようにしている」って言ってましたね(笑)。でも確かに一理あると思います。「芸人なんですいません」っていう感じで謙遜していても、共演者の方々には全く関係ないことなので。

飛永:人力舎の先輩の演技を見ていると、ナチュラルな人が多いなと思いますね。芸人だから面白いでしょ! という人がいないというか。コントと一緒で、自然な掛け合いだけど面白い、ってところを目指しているんだなあと思います。

 最近は芸人がドラマ現場に行っても「おもしろ担当」ではないんですよ。そういう役回りは逆に役者さんがやることが多くて、芸人はナチュラルさが武器なんだなと思いますね。

おすすめ記事