コロナ収束で「2022年は日本株買い」が進む可能性も。投資のプロが大予想 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

コロナ収束で「2022年は日本株買い」が進む可能性も。投資のプロが大予想

マネー

 景気回復と株高は続くのか? かつてゴールドマン・サックスで2000億円運用していた投資のプロ、アミン・アズムデ氏@aminimazが2022年の世界経済を大予測。米国の動向から日本株、原油相場まで占ってもらった本企画。今回は日本株編。

株価

※画像はイメージです(以下同じ)

米国株は調整局面入りの可能性も

 2022年の株式市場を大きく左右するのは金利だ。FRBは株安リスクに配慮しながらインフレをコントロールする腹づもりだが、今後インフレ率が急騰すれば、米国株は調整局面入りが避けられない。

「物価の上昇を受けて、直近で1.4%台の米10年債利回りが2%を超えてくると、ハイテク企業からの資金流出が一気に進むことでしょう。その兆候は、GAMMA(グーグル・アマゾン・マイクロソフト・メタ・アップル)などの株価にすでに表れています。テスラはイーロン・マスクの保有株売却の影響もありますが」

割安感で日本買いが進む可能性も

日本株の出遅れは一目瞭然

金融緩和と景気回復でいち早く株高が進んだ欧米に対し、日本株は大幅に出遅れている状態。海外機関投資家の日本株買いが入りやすいか?

 NY市場が下げれば東京市場も下げるのが常。ただし、2022年は日本の株価のパフォーマンスが米国を上回る可能性もある

「外資系投資銀行は、ここしばらく米国のアロケーション(配分)低下を推奨し、日本を含むアジアの保有率を引き上げるよう機関投資家に勧めています。予想PER(株価収益率)で見ると、ナスダックは35倍でS&P23倍、欧州17倍に対して、日本(TOPIX)は15倍。コロナ感染拡大を収束させつつあることを考えると、日本のバリエーションは相当割安。2022年は日本買いが進む可能性があると見ています」

12
ゴールドマン・サックスで2000億円を運用していた機関投資家が教える「プロの投資」

ゴールドマン・サックスで2000億円を運用していた機関投資家が教える「プロの投資」

ゴールドマン・サックスで磨き上げた究極のトップダウン思考とボトムアップ分析、プロの投資アプローチを個人投資家に開放する今注目の書!

おすすめ記事