大阪・吉村知事も誤用した「トカゲのしっぽ切り」正しい意味は? | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

大阪・吉村知事も誤用した「トカゲのしっぽ切り」正しい意味は?

コラム

A.「下の立場の人に責任を押し付けること」

解雇する

※画像はイメージです

「トカゲのしっぽ切り」は、漢字にすると「蜥蜴の尻尾切り」と書きます。辞書で引いてみると……。

=====
蜥蜴の尻尾切り
トカゲが尾を切り捨てて逃げるように、不祥事などが露見したとき、下位の者に責任をかぶせて、上の者が追及から逃れること(出典:デジタル大辞泉)
=====

 トカゲや節足動物にみられる「しっぽ切り」は、外敵に襲われるなどの危険に際し、体の一部を自ら切り捨て命を守る行為のことをいい「自切」とも呼ばれます。

 しかし、慣用句の「トカゲのしっぽ切り」は、上の立場の人が部下に責任を押しつけて、危険を免れること。人間界と節足動物界では意味が異なるのです。

 吉村府知事の「新型コロナの独自調査でしっぽ切り」というのが全く意味が通らない発言だと、よくわかったのではないでしょうか。

<TEXT/御手洗ココ>

平成生まれのフリーライター。三度の飯より酒が好き。ビールはプレモル派です。

12

ハッシュタグ

おすすめ記事