bizSPA!フレッシュ

越智ゆらの、元Popteenモデルが「芸能界を辞めようと思った」女優業への転機

芝居の世界に入り込むきっかけは?

――お芝居の仕事がくるような転機は?

越智:それこそ『Popteen』を辞めたころからお話が来るようになり、ご縁が増えました。ただ、自分のお芝居に対して自信がまったくないので、現場で経験を積まないといけないんです。現場で見て、学んで、自分で感じ、いろいろ吸収しようと。それはどの現場でも心がけています。

――その努力が奏効して、素敵なドラマに仕上がりました。

越智:(W主演の)小南光司君は昔から知っているので、若いふたりの恋愛モノは初めてではあったけど、演じやすいだろうなとは思っていました。役柄も自分のキャラクターに近かったです。いつも台本をいただいて、家でひとりでしゃべるんですけど、しゃべっている感じから、これはもう大丈夫だなと思えるくらい、役と自分が近くて、すごく入りやすかったです。なので楽しく撮影ができました。

――今回の現場での一番の学びは?

越智:監督さんや音声さん、照明さん、みなさんが、わたしたちとコミュニケーションを取ってくださいました。だからこそ一丸となれたし、意外と人見知りなので、お芝居の現場だと話せないことも多いのですが、今回の現場を経て、改めて現場のスタッフさんとお話をすることも大事だなって。いろいろなものを共有し合って、作品を作りたいなと思いました。

「やりたいことを探す」から「自分を知る」

main

――仕事をする上で意識していることはありますか?

越智:いまは仕事で「自分がやりたいことをやろう」みたいな風潮があるじゃないですか。でも、やりたいことがわからない人もたくさんいると思うんです。そういうとき、自分を知ることが第一歩だと思うし、もし仮にやりたいことがあったとしても、それができるかどうかというのは、わからないじゃないですか。

 わからないまま進むのは、目標なくただ走るだけになってしまう。ゴールが見えない状態になってしまうけど、自分を知ると「自分にできそうなこと」がわかる。自分の魅力、長所を知ることが、仕事をする上で一番大切なのかなと思います。

――そして自分が輝けそうな場所を探すわけですね。

越智:そうですね。輝けそうな場所を探すためにも、まず自分をよく知ることが大切だと。自分がわかってないと、そこに当てはまるかどうかもわからないので、まず自分を知って、やりたいことがあるのであれば、自分を変えて、そこに当てはまる人間になろうとすることが一番。夢が先走ることが多いけど、まず自分を見つめ直すことが大事だと思います。

おすすめ記事