bizSPA!フレッシュ

浅香航大、コロナで変わった人生観「誰かのために仕事をしたい」

エネルギッシュな人に憧れる

浅香航大

――役者業を始めたときには何も考えていなかったとのことですが、役者としてやっていこうと決めたきっかけはあったのでしょうか?

浅香:本当になくて。もともと刺激を求めて芸能界に入ったところがあって、実際にやってみて、やっぱり魅力を感じました。その選択肢のひとつに俳優があったというか、いろんな感情を経験したり、いろんな出会いがあったり、ビックリするくらい緊張や達成感もある。そうしたバランスが、自分に合ったのかなと思います。

――俳優としてお仕事をしてきたなかで、影響を受けた先輩はいますか?

浅香:2本目の映画の『悪の教典』で、事務所の先輩でもある伊藤英明さんと共演させていただいて。すごい人がいるんだなと衝撃でした。とにかくエネルギッシュ。僕はそういうタイプではないので、同じようになることはできませんが、でもエネルギッシュな人には憧れます。なんか、パワーが溢れちゃってるんですよね(笑)。

 そういう方って、たまにいらっしゃるんです。最近では田中圭さんもめちゃくちゃエネルギッシュな人だと思いました。そういう人に会うと、単純にすごいなと魅力を感じます。

――同年代でいい刺激を受けたり、負けたくないと感じる相手はいますか?

浅香:初めての映画が『桐島、部活やめるってよ』だったので、あそこで名を連ねた共演者たちのことは気になります。僕よりも前から仕事をしている人もいますが、あのときのキャストが頑張っているのを見るのは嬉しいし、僕も頑張らなきゃという気持ちになります。今でも大切な作品ですね。

<取材・文・撮影/望月ふみ>

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異

【公開情報】
映画『滑走路』は公開中
(C) 2020「滑走路」製作委員会

おすすめ記事