bizSPA!フレッシュ

大谷翔平、右ひじ手術回避も、早期復帰報道にネットは賛否両論も…

 MLBのロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手(23)

 2016年にはNPB史上初の「2桁勝利・100安打・20本塁打」など目覚ましい活躍を見せましたが、今年6月8日(日本時間9日)の試合途中に右ひじの張りを訴え、試合を降板。

クローズアップ現代

「クローズアップ現代+」公式サイトより
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4151/index.html

 幸いにして再検査の結果、手術は回避することが決まりましたが、6月27日放送の『クローズアップ現代+』(NHK)で治療当時の大谷選手の様子や、早期復帰の可能性を放送。

 それを受けて、ネット上では「身体のこともあるし、今後は打者一本でやっていってほしい」など、さまざまな議論が巻き起こっています。

“二刀流”ゆえに課された数々なリスク

 大谷選手のひじ故障原因は、いくつか考えられます。張りの原因はひじ内側側副じん帯の損傷にあり、選手生命に関わる怪我だとも言われています。

 日ハム時代にトレーニングを担当した、中垣征一郎さんは「大谷選手の高い出力が身体にひずみを生じさせたのではないか」、元メジャー投手・長谷川滋利さんも「160キロのストレートと同じ力で投げていたスライダーが、ひじに大きな負担をかけていたのではないか」と語ります。

 また、大谷選手のプレイスタイルを分析した結果、別の可能性が浮かび上がってきました。

 動作解析の第一人者筑波大学体育専門学・河村卓准教授は「大リーグのマウンドの強い傾斜により、投球フォームが不安定な形に変化し、ひじに負担がかかったのではないか」と指摘します。

 また、中央大学理工学部・酒折文武准教授による統計学検証にて行われた、大リーグ選手70人超のデータとの比較からは、身体からボールを離れる「リリースポイント」の距離が通常選手より15cmほど遠い大谷選手は、故障のリスクも1.9倍高まるという結果が出ています。

 そして、“二刀流”ゆえのリスクとして、ピッチング時に休ませることができるひじの負担が、バッターとしての登板により休ませることができず、大谷選手を追い詰めたという可能性も語られました。

12