bizSPA!フレッシュ

S・ジョブズはどうやって女性を口説くか?「人間関係の真理」の言葉

キャリア

「雑談上手は、聞き上手」なんて言葉をよく耳にしますが、“聞き上手”って具体的にどんな人のことをいうのでしょう? 今回は『人は話し方が9割』の著者であり、人財育成JAPAN代表取締役の永松茂久氏が「聞き上手の人がやっている“3つの表情”」について解説します(以下、永松氏寄稿)。

ジョブズ

Steve Jobs, founder of Apple Computers, has died at the age of 56 years © Pressureua

スティーブ・ジョブズの“女性の口説き方”

 人は誰しも自分自身に一番興味があります。つまり、そこを満たすために大切なのは「相手のことをよく知る」ということになります。そのためには「この人はどんな人で、どんなことに興味があるのだろう」と、相手に関心を寄せることがファーストステップになります。

 今や伝説となったアップル創業者のスティーブ・ジョブズはこう言いました。

「美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい? そう思った時点で君の負けだ。ライバルが何をしようと関係ない。その女性が本当に何を望んでいるのかを見極めることが重要なんだ」

 この言葉は、人間関係の真理を表わしています。ジョブズが言っているのは「相手を観察し、相手が本当に求めているのは何かを真剣に探そう。そうすれば必ずうまくいく」ということなのです。人間の欲求に対する飽くなき興味、それが今のアップル社の繁栄を築いたのです。

“3つの表情”を効果的に活用する

聞き上手

illustrated by 久保久男(朝日メディアインターナショナル)

 さて、少し話が大きくなりすぎましたので、日常的なことに話を戻しましょう。人には誰しも「自分の気持ちをわかってほしい」「自分の話を聞いてほしい」という欲求があります。

 そうすると必然的に、自分の話を聞いてくれる人のことを大切に思うようになります。あなたは、周りの人の話を興味を持って聞いていますか? 相手への興味より、自分の話ばかりしていませんか?

 流暢に話ができれば、それに越したことはありませんが、それは噺家さんや芸人さんなど一部のプロに任せておけばいいのです。私たちは、相手の人にいかに自分が関心を寄せているかを伝えることが大事なのです

 では、話し相手に対して「私はあなたに興味を持ってるよ」と効果的に示すには、どうしたらいいのでしょうか? それは「顔の表情」「声の表情」「体全体の表情」の3つを効果的に活用することです。

12
人は話し方が9割

人は話し方が9割

累計100万部超! 若者から圧倒的な支持を得る人材育成のプロが贈る! 話し方のバイブル

おすすめ記事