bizSPA!フレッシュ

「自己肯定感」が低い日本人。ポジティブになれる“口ぐせ”を

キャリア

 あなたは自分自身に満足しているだろうか? 日本の若者は「自己肯定感」が他の先進国と比べてかなり低いことが、内閣府の調査で分かっている。一般社団法人日本セルフエスティーム実践協会が、会社員に実施した調査結果でも、それが浮き彫りになったようだ。

落ち込む男性

画像はイメージです

 そこで同協会代表理事の小西ひとみ氏に、日本の会社員の現状や、一人でもできる自己肯定感を高める方法を聞いてみた。

「自分に満足していない人」が過半数

 2019年度の内閣府「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」(日本、韓国、欧米5ケ国の13〜29歳、各国1000人に調査)で、日本人は「自分に満足している」と答えた人の割合が諸外国に比べて低かった。

 この現状を受け、日本セルフエスティーム実践協会では、日本の成人の自己肯定感に関する実態把握を目的に、会社員の自己肯定感についての調査を実施(対象:東京在住の30~55歳の会社員111名。実施期間:2020年6月16日~18日)。
 まず自分自身について満足していない人は「どちらかといえばそう思わない」(24.3%)と「そう思わない」(20.7%)を合わせて45.0%。理由を自由回答で求めたところ、「取り柄が何もないから」「ネガティブ思考だから」「劣等感」などが挙がった。

 さらに「自分自身に満足していない」50人に対して、「自分自身に満足するためには何が必要だと思いますか」と質問したところ、「自分に自信を持つこと」が60.0%で最多に。つまり自分に自信がない人が6割もいるわけだ

諸外国に比べかなり低い「自己肯定感」

小西ひとみ氏

小西ひとみ氏

 当協会代表理事の小西氏は、この調査結果をどのように受け止めているのか。

「ある程度の予想はしていましたが、かなり低かったなというのが正直な印象です。
日本人の自己肯定感は諸外国に比べ低いと言われています。内閣府の調査で、『自分自身に満足している』(そう思う+どちらかといえばそう思う)人が、韓国では73.5%、スウェーデンは74.1%、そしてアメリカは86.9%と、自己肯定感がそれなりに高いのです。同じ質問に対して日本は45.1%に留まっています

 グローバルな世界において対人関係を形成することは重要であり、その基となるのは自己肯定感が高さだと考えています。なぜなら自分に対する信頼がなければ、他者に対しても信頼は持てないからです。本調査の対象である会社員は社会での経験も積み重ねているので、若者よりは多少は自信を兼ね備えているだろうと考えていました。

 しかし、実際は諸外国の若者と比べても20ポイント以上低い結果になりました」

ハッシュタグ

おすすめ記事