bizSPA!フレッシュ

「脱毛剤」のトラブルが多発。正しい使い方を医師に聞く

 露出が増える季節なだけあって、ムダ毛の手入れに力が入る美意識の高い男性も少なくないはず。しかし市販の脱毛剤を利用する場合に、注意すべきこともある。

除毛剤

※画像はイメージです

除毛剤に関するトラブルが増加

 消費者庁が発表した2020年「消費者白書」によれば、昨年2019年に全国の消費生活センターなどに寄せられた相談のうち、「脱毛剤」に関する相談が多く、特に15~19歳の男性に多い結果となった。

 そのうちの若者の相談事例のひとつとして「除毛剤を購入して使ったところ、かゆみや赤みが出た」というものがあった。こうした相談が多く寄せられたとみられる。

 肌あれなどのトラブルにつながる問題が起きかねない脱毛剤。しかし外出自粛のあった昨今では、手軽に自宅でケアできるので便利な手段でもある。正しく使用するには、どんなことに気を付ければいいだろうか。

 そのヒントを、男性専門の医療脱毛専門院「メンズリゼ」総院長の赤塚正洋先生に聞いた。

脱毛と除毛の違いは?

赤塚正洋先生

「メンズリゼ」総院長の赤塚正洋先生

 メンズ用の市販の脱毛剤には、脱毛テープや除毛クリームなどさまざまなものがある。そもそも脱毛と除毛はどう違うのか。

「脱毛とは『毛が毛根ごと抜けること』を指します。一方で、除毛は『皮膚の表面から飛び出ている毛をなくすこと』です。つまり、毛の『毛根から全部の毛』か『表面のみの一部の毛」がなくなるといった違いです」(赤塚先生、以下同)

 市販品では、毛を毛根から引き抜く脱毛ワックス、脱毛テープなどを脱毛剤と呼び、化学的作用によって除毛するクリーム状、ペースト状、泡状の除毛クリームなどを除毛剤と呼ぶ。

 化学的作用によって除毛する除毛クリームは、肌にトラブルを生じるケースもあるようだ。どのような成分が関係しているのか。

ハッシュタグ

おすすめ記事