「誰でも話し上手になれる」コツを、ディスカッションの達人が伝授 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「誰でも話し上手になれる」コツを、ディスカッションの達人が伝授

ビジネス

「あれ? 私、ちゃんと話せてる?」
「なんかシーンとしちゃったけど、どうしよ……」

 Zoomなどを使ったミーティングで、なんだか不安に感じることはありませんか?

オンライン会議

※画像はイメージです(以下同じ)

 WEB会議は、発言のタイミングが難しかったり、相手の反応や場の空気が読みづらかったりと、対面とはちょっと勝手が違います。それに、発言者が参加者みんなに向かって話すシチュエーションになるため、1問1答形式になってしまってイマイチ盛り上がらない、なんてこともあります。

 頭の中を整理する型さえ覚えてしまえば、誰でも「打ち合わせ上手」になれると語るのは、『超速!問題解決』(アスコム刊)を上梓した、会議ドクターの高橋輝行さん。自分が話をするとき、相手の話を聞くとき、どちらにも使える「頭の整理術」を紹介してもらいます(以下、高橋さん寄稿)。

「わける」ことで「わかる」ように

打ち合わせ

 上手に話すのが苦手という人は、まず「わける」ことと「書く」ことをやってみてください。

「結局、何が言いたいの?」とか「もっと簡潔に話してくれ」というのは、実はWEB会議に限らず、上司が若手部下によく感じている不満でもあります。話の要点がわかりにくい原因は、わけて考えていないこと。

「わかる」の語源は「わける」だといわれるように、分離させることと理解することは同じことなのです

 例えば「ハンバーガーとはなんですか?」と聞かれても何を説明していいか悩んでしまいますが、「材料」「値段」「大きさ」「食べ方」みたいにわけてしまえば、わかりやすく説明できます。

思考と行動を高速化する 超速! 問題解決

思考と行動を高速化する 超速! 問題解決

「思い込みをはがす」「ひと言でまとめる」「筋を通す」3回考えて思考を深める習慣が身につけば、仕事の効率は劇的にアップする!大人気コンサルタントが考案。一生使えるすごい仕事術。

おすすめ記事