bizSPA!フレッシュ

99%が知らないブロックチェーンの脅威。労働者は不要になる!?

ビジネス

「人生100年時代」と言われる現在。将来の生活に備えて、今はまだ20代のビジネスマンも何か準備をする必要がある。

ビジネスマン お金

※画像はイメージです(以下同じ)

 あなたが非正規雇用だったり、病気や親の介護で会社を辞めざるを得ないとき、今ならまだ社会保障制度に守ってもらえるが、その財源もいつまで続くかわからないのが現実だ。今こそ組織に頼らず、個人が自ら稼ぐ方法が求められようとしている。

 30万部のベストセラーになった『働かないで年収5160万円稼ぐ方法』(アスコム)の著者である川島和正氏が、来るべき時代の流れについて解説した(以下、新刊『お金儲け2.0』より川島氏、寄稿)。

労働者が必要とされなくなる未来

 最近、新聞でも雑誌でもテレビでもインターネットでも、AI、ブロックチェーン、ビッグデータ、IoTといった言葉を見たり聞いたりする機会が増えています。これらは今後、インターネットや携帯電話のように、人々の生活を変えていく技術であるため話題になっているのです。

 そして、たいていの記事では、生活が便利になる明るい未来が紹介されています。たとえば、AIがまるでコンシェルジュのように動いてくれて便利だとか、Airbnb(エアビーアンドビー)やUber(ウーバー)を使うと、宿泊や移動が安くて便利になると紹介されているのです。

 そして実際に、これらを使うと便利になるのは事実なのですが、その反面、雇用は失われてしまいます。なぜかというと、各種作業をこれらのシステムがやるようになると、労働者は不要になるからです。すでにこの流れは進んでいて、誰にでもできるような単純作業から、世界最高レベルの頭脳を必要とする仕事まで、世の中は着々とシステム化されています。

 たとえば、レストランのウェイトレスの数は注文端末の普及で減る一方です。ゴールドマン・サックスのトレーダーだって、すでに90%以上AIに置き換わっています。また、車のシェアリングサービスが始まったことにより、自動車業界の雇用は今後減っていきます。スマートフォン決済や仮想通貨決済が普及することにより、金融業界の雇用も減っていきます。

 このほか、例を挙げるときりがありませんが、今の時代に便利な新サービスが登場するということは、すなわち雇用を減らすことにつながるのです。

99%が知らないブロックチェーンの脅威

ブロックチェーン

 本書の趣旨から外れますので、1つひとつの最新技術について詳細は述べません。しかし、ブロックチェーン革命は、インターネット革命と同じくらいの大きなインパクトをもたらしますので、これについては少し解説しておきます。

 ブロックチェーンについては今のところ、まだ実用化が進んでいません。そして、ほとんどの人は、ブロックチェーンとはいったい何なのかわかっていません。しかし、これは99%の人の予想をはるかに上回るほど、本当に驚異的な技術です。何が驚異的かというと、ブロックチェーン技術を使うと、管理者不在でも自立して動いていけるシステムを作れるからです。

 現在、システムを動かしている会社では、たくさんの人が働いています。なぜかというと、基本的なことをシステムが自動的にやっていたとしても、サポートやトラブル解決、メンテナンスなどは人間がする必要があるからです。Airbnb やUber、出会い系アプリなどで、人と人とがマッチングできるようになったとはいえ、規約違反やトラブルについては、裏で人間がチェックして対応しているわけです。

 しかし、ブロックチェーン技術が本格活用されるようになると、システム管理者抜きで個人と個人が直接つながって、やり取りできるようになります。記録に残るお金のやり取りと、記録に残る相互評価をブロックチェーン上でできるようになるため、そこに管理者は必要とされなくなるのです。

12
お金儲け2.0 手堅く1億円稼ぐ7つの最新手法

お金儲け2.0 手堅く1億円稼ぐ7つの最新手法

個人がネットで堅実に稼ぐ方法を日本トップクラスの知識を持つ著者が惜しみなく公開!