bizSPA!フレッシュ

24歳「見知らぬ男女の猥談を集めたい」男が見つけた新ビジネス

ビジネス

 昨今、働き方改革が話題ですが、「自分は今後、どうしたら活躍できるのか」「10年後、どのように働いているのだろうか」と悩んでいる読者も多いはず。

 そこで、ちょっと変わった働き方やお仕事をしている若者に取材し、新しい働き方について考えてみませんか。今回は早稲田大学文化構想学部を卒業後、会社勤務を経て、現在は「エロデューサー」として活躍する、佐伯ポインティさんに取材しました。

ハローワークにない、“エロデューサー”という仕事

佐伯ポインティ

――佐伯さんの肩書きは、“エロデューサー”ですが、現在のお仕事について教えてください。

佐伯ポインティ(以下、佐伯):男女が楽しめるエロスのあるコンテンツをつくる仕事を“エロデューサー”と名づけたのですが、月1回開催している猥談バー、週1回配信している「猥談メルマガ」をメインに活動しています。

――猥談バーはどのようなきっかけで始められたのですか?

佐伯:三軒茶屋のバーで働いている友達から偶然、「1日店長をやってみない?」と誘われたのがきっかけでした。それならば、猥談にポジティブな人だけ集めたバーをやりたいと思って、開催したのが最初。

 それが気がつけば、拡散されていて。SNSを通してオファーをいただいて、すぐに第2回目の開催も決定したんです。

――猥談バーはどんなお客さんが来るのですか?

佐伯:当日は、童貞の人、ハプニングバーに通いまくっている女の人、Tinder(マッチングアプリ)で出会ったカップル、50代のおじさま……と多種多様な人たちが来てくれて、満員でした。猥談バーで知り合った人に、猥談メルマガの寄稿をお願いすることもあります。

――どこで運命的な出会いがあるかわからないですね。

佐伯:阿佐ヶ谷で猥談バーを開催したときは、同じビルに入っているガールズバーの女の子が「近くで猥談バーやってますよ」となぜか送客してくれていたこともありましたよ。どこに応援してくれる人がいるかわからないのが、エロデューサーをしていて楽しいところです。