入社初日に「死後2週間の遺体」と対面。葬儀漫画作者に聞くリアル | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

入社初日に「死後2週間の遺体」と対面。葬儀漫画作者に聞くリアル

 生きていれば人間誰もが死に直面します。電子マンガ誌「黒蜜」(白泉社)で連載中の『お葬式にJ-POP』は、葬儀社で働く新卒の主人公を描いた漫画作品。

 入社初日に、おばあさんと、その娘さんの2人だけが参列する家族葬を担当することになります。そこで直面するのが、おばあさんが「夫の死に2週間気づかなかった」という事実。

 そして、プライベートで葬儀に参列したことがなかった主人公は、ご遺体と対面すると震えが止まらなくなってしまいます……。

お葬式にJ-POP

『お葬式にJ-POP』(白泉社)

 現場のリアリティのある仕事風景や、深い余韻を残す人間ドラマに引き込まれますし、慣れない環境で奮闘する姿はついつい応援したくなってしまいます。

 今回は作者のKimuraさん@kimurax0778)全2回にわたるインタビューで本作連載までの経緯や、Kimuraさんご自身の葬祭スタッフ経験について語ってもらいました。

【インタビュー後半】⇒『脱走したおばあさんの最期の姿に衝撃。「葬儀漫画」を描いた経緯を作者が語る』を読む

【マンガ『お葬式にJ-POP』第1話前半を読む】⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

興味深い体験を漫画で残したかった

──『お葬式にJ-POP』というタイトルの由来について教えてください。

Kimura:最初は「私のお葬式ではノリノリのJ-POPを流してください。」と、思いをそのままタイトルにしようと考えていて。ですが、担当さんと話し合いながら『お葬式にJ-POP』という名前になりました! 覚えやすさと“気になる感”を込めています!

──葬祭の現場をテーマにした作品を描きたいと思ったのはなぜですか?

Kimura:大学卒業後、葬祭スタッフとして働いていました。その職場での業務内容や体験がとても興味深いものばかりでした。ここでの体験を漫画として残しておきたいと思ったのがきっかけです。最初に描いた作品は『お葬式にJ-POP』のような人間ドラマ中心ではなく、スタッフの仕事ぶりを見るような漫画でした。

実際に働いてみて偏見が覆された

葬式

画像はイメージです

──過去にKimuraさんが葬祭スタッフという仕事を選んだのはどうしてですか?

Kimura:就職活動のときに接客業に興味を持ったのですが、その業種での経験も自信もありませんでした。なので、接客業かつ声をあまり出さなくても良さそうだという偏見で葬祭スタッフを選びました。今思うとすごい偏見ですし、失礼な奴だと思います。

──実際に働き始める前と後で、仕事に対してイメージが変わったことはありますか?

Kimura:働く前の偏見は覆されました。お越しになるご遺族様は、人を亡くされ、さまざまな思いを抱えておられます。また、普段あまり行われない葬儀には、分からないことも多いかと思います。ご遺族様が納得のいく葬儀ができるように、当時の私含めスタッフがしっかりとご案内やご説明をさせていただく必要がありました。

<取材・文/日比生梨香子 編集/ヤナカリュウイチ(@ia_tqw)>

お葬式にJ-POP 1 (黒蜜コミックス) Kindle版

お葬式にJ-POP 1 (黒蜜コミックス) Kindle版

亡くなった人へ、あなたはなんと言いますか? 葬儀社に就職したあかりは人生ではじめて「お葬式」を目の前で見ることに気づく。元・葬儀社勤務の作者がえがく、リアルお葬式ドラマ!

おすすめ記事