bizSPA!フレッシュ

山崎紘菜が明かす、最近「私ポンコツだなぁ」と思った失敗エピソード

 突然、「桶狭間の戦い」直前の戦国時代にタイムスリップしてしまったスポーツ名門校の高校生たちが、生き残りをかけて戦う映画『ブレイブ -群青戦記-』。主人公・蒼(新田真剣佑)の幼なじみで、蒼を支えるヒロイン・遥を演じた山崎紘菜さん(26)にインタビューを敢行しました。

映画

山崎紘菜さん

 本作がきっかけで初挑戦し、今も続けている弓道のことをはじめ、最近の山崎さん自身についても質問しました。また、しっかり者に見られがちな一方で、意外な“ポンコツ”エピソードも語ってもらいました。

強さの裏に隠れた葛藤を見過ごさない

――出演が決まったとき、そして脚本を読まれていかがでしたか?

山崎紘菜(以下、山崎):(『踊る大捜査線』シリーズの)本広克行監督の作品で、かつアクションということで、純粋に嬉しかったです。脚本を読んだときは、原作をリスペクトしつつ、映画ならではのオリジナルの部分がたくさんあるこの世界を、どうやって監督は作られるのだろうとワクワクしました。

――遥は男勝りな女の子ですが、どんなキャラクターとして捉えましたか?

山崎:映画ならではのキャラクターになっていて、原作を読まれている方は、少し驚くかもしれません。とてもかっこいい女性ですが、17歳の女子高生としてのリアルな葛藤や不安も抱えています。なので、強さの裏に隠れたものを見過ごさず、そのうえで成り立っている強さだということを意識していました。

蒼も、考太も弟のような存在

映画

(C) 2021「ブレイブ ‐群青戦記‐」製作委員会 (C) 笠原真樹/集英社

――遥は蒼と考太(鈴木伸之)との仲良し3人組です。山崎さんから見てふたりはどんな男の子だと感じましたか? 

山崎:2人は、すごく対局な存在に映ると思うんです。でも、2人を幼い頃からずっと見てきている遥は、そこからの過程も見ているので、2人とも弟のような存在というか。自分が守ってあげなきゃという意識なんだと思います。

――恋愛対象には?

山崎:まったくそういうふうに見ていませんでした(笑)。ただ、2人はアスリートですが、スポーツを一生懸命頑張っていたり、何かに一生懸命打ち込んでいたりする人は、めちゃくちゃかっこいいと思います。

おすすめ記事