bizSPA!フレッシュ

「現金給付、1世帯30万円」のコロナショック対策が最も効果的なワケ

マネー

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、各国の株式市場が乱高下を続けている。米連邦準備理事会(FRB)は3月20日、日銀や欧州中央銀行(ECB)など5中銀を対象に、米ドルの資金供給策を拡大すると発表した。

ニューヨーク 証券取引所

※イメージです(以下同じ)

 そうした状況下において、我々が取れる手段はあるのだろか。学生時代から投資を始め、 投資研究会サークル「KISHU」を創立、20代投資家YouTuberとして活躍を続けるKENさんに話を聞いた。

世界的な景気後退で何が起こるのか?

――今回の市場の下落は「コロナ・ショック」とも呼ばれています。

KEN:統計学的には、間違いなく歴史的瞬間にいると思っています。今回の大暴落にはアルゴリズムやAIによる高速取引の影響も間違いなくあるでしょう。私も、今回のショックを目の当たりにして大きな衝撃を受けていますが、投資家としては、この瞬間に立ち会えたことは人生の中で非常に大きな経験だと思っています。

――世界的なリセッション(景気後退)に入ると何が起こるのでしょうか?

KEN:リセッションとはいっても、業種・セクターによって影響はバラバラです。投資家としては、リセッションに入るから悲観的になるのではなく、景気が低迷している中でも、強い銘柄を見つけていく必要があるでしょう。そのためにも日頃からの銘柄分析がとても大切だと考えています。

リーマンショックよりも深刻な状況?

チャート

――リーマンショックと比べて、より深刻な状況といえますか。

KEN:リーマンショックは、金融危機でしたが、今回は実体経済に直接的な影響を及ぼしています。今回の新型コロナウイルスは、日常の生活を送る上ではリーマンショックよりも深刻だと考えています。

 しかし、金融市場を考えた場合、リーマンショック時のように元の株価に回復するまで4年も掛かるような展開になるとは考えていません。

 なぜなら、今回の新型コロナウイルスは、過去のウイルスと同じでいずれピークが来て、落ち着くと考えているからです。また、医療技術が発達している現代では、早い段階でワクチンや効果的な新薬が現れるとも言われているからです。

おすすめ記事