内定辞退するなら、企業に電話をすべき?就職ポータルサイトの盲点 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

内定辞退するなら、企業に電話をすべき?就職ポータルサイトの盲点

キャリア

 就職活動で複数の企業から内定をもらったとき、嬉しい反面、頭を悩ませることになるのが「内定辞退の連絡」です。

内定辞退

※画像はイメージです(以下、同じ)

 今回は、この内定辞退の現状について、新刊『退職代行マニュアル 明日から会社に行かなくていい』(扶桑社)著者であり、退職代行・内定辞退代行サービスの「ONE-BYE合同会社」代表・桐畑昴さんに解説してもらいます(以下、桐畑氏の寄稿)。

入社の2週間前までなら問題なく辞退できる

 弊社では内定辞退の代行サービスも行っています。内定の辞退にも民法627条1項が適用されます。

=====
<民法627条1項>
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

=====

 つまり、入社の2週間前までであれば、なんの問題もなく辞退することができます。

学生を萎縮させる「内定承諾書」の存在

就活_成功3

 内定辞退がストレスになる主な原因は「内定承諾書」の存在です。

 内定承諾書に法的拘束力はまったくありませんが、社会人経験のない学生を萎縮させるには十分。「承諾書にサインをしてしまったから、もう辞退できない……」と誤解している学生も少なくありません。

「マイナビ」「リクナビ」などの就職ポータルサイトが、内定辞退の専用フォームを作れば、内定辞退の心理的負担のほとんどは一発で解消するでしょう。

12
退職代行マニュアル 明日から会社に行かなくていい

退職代行マニュアル 明日から会社に行かなくていい

どうしても苦しくなったら、会社に行くことなく 1万円で会社を辞められる! 職場環境が劣悪で疲弊し切っている。 退職を引き留められている。 辞めたら教育費を返せ、と脅されている。 入社したばかりだから言い出しにくい。 周囲に迷惑がかかる……などなど、 辞めたくても辞められないでいる人は必読!

ハッシュタグ

おすすめ記事

桐畑昴は他にもこんな記事を書いています