bizSPA!フレッシュ

「iOS 12.1.2」リリース、アップデートで何が変わった?

ガジェット

 Appleは日本時間12月18日、iPhone/iPad用の最新ソフトウェアシステム「iOS 12.1.2」をリリースしました。

iPhone

※画像はApple公式より

 12月6日に行なわれたiOS12.1.1のリリースから2週間で行われた今回のアップデートですが、早速、その変更内容を見ていきましょう。

 ちなみにアップデートの方法は、通知が来ていればそのまま表示をクリック、あるいは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」でも行うことができます。

注目の新機能や対応機種はどうなったか?

 今回の対応機種は、iPhone5s以降の端末と、iPad Air以降、および第6世代以降のiPod touch。

「iOS12」アップデート時の記事で紹介したような「アニ文字」や「Siriショートカット」についての新機能は、搭載されていません。

 修正点はバグの修正など2項目。そのため、現状でバグが発生していない人以外は、アップデートの恩恵を体感することはほとんどないかもしれません。

メインはeSIMアクティベーション問題の修正など

 では、今回の変更された2点を紹介します。

・iPhoneXR、iPhoneXS、およびiPhoneXS MaxのeSIMアクティベーションに関するバグを修正

・トルコでiPhoneXR、iPhoneXS、およびiPhoneXS Maxのモバイルデータ通信に影響する可能性のある問題に対処

 今回のアップデートは、ユーザーの利便性を直接的に高めるというより、前回のiOS 12.1.1のアップデート時に、特定ユーザーに発生したモバイルデータ通信に接続できない問題の修正を中心としたメンテナンスアップデートとなっています。

 eSIMについては、日本では対応している通信業者は、現時点(12月19日)でないので、多くの人は急いでアップデートする必要はないでしょう。

12