「別れも覚悟!」恥ずかしすぎる“レンタル倉庫の使い方”が同棲中の彼女にバレた | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「別れも覚悟!」恥ずかしすぎる“レンタル倉庫の使い方”が同棲中の彼女にバレた

コラム

 同棲をはじめて「相手の本性に気づく」というのはよく聞く話で、地方都市に住む宮島遥さん(仮名・25歳)も、彼氏の驚くべき実態を知った1人です。

同棲カップル

※イメージです(以下、同じ)

 遥さんと彼氏のNさんは、1年間の友達期間を経て3年間付き合い、いまは同棲中。付き合う前は同じ飲食店の同僚でしたが、同日に休みを取りたいという理由から、Nさんが残業の少ない会社に転職したそうです。

浮気疑惑の彼氏の後を追ったら

「やっと同棲をはじめられてウキウキしていました。なのに、しばらくすると彼は、平日の帰りが遅くなったり休日出勤と言って出かけたりする頻度が徐々に増えていったんです。怪しいと思い、浮気を疑いました」

 遥さんはそれからすぐに有給を取り、徹底的にNさんを尾行することに。尾行初日、Nさんの会社の前で張り込みをしていた遥さんは、会社から出てきたNさんの姿をキャッチ。時間的にも、仕事を終えて会社から出てきた様子だったといいます。

「今日は、まっすぐ家に帰ってくるつもりかも? と思っていたら『今日も残業で遅くなりそうだから、ごはん先に食べてて』と、電話がかかってきたんです。そりゃあもう、ムカつきました」

立ち止まった場所はレンタル倉庫

倉庫
 しかもNさんが明らかにウキウキした様子だったため、遥さんは何度もスマホを投げつけてやりたくなったそうです。それでもグッと我慢し、尾行すること15分、Nさんが立ち止まった場所は、なんとレンタル倉庫でした。

 Nさんが倉庫に入っていく姿を確認し、「まさか、レンタル倉庫をホテル代わりに……?」と遥さんの想像は膨らみます。今すぐレンタル倉庫を突撃したいという気持ちを抑えながら、あとから浮気相手の女性が来ることも考え、慎重に待ったそうです。

「でも、しばらくしても誰も来ないので、浮気相手の方が先に倉庫に入って待っていたのかもしれないと考えました。そう思うと、イライラする気持ちが我慢できなくなって倉庫の扉を力いっぱい開けたんです。そうしたら……」

12

おすすめ記事